このページの本文へ

確定申告のやり方ガイド 第5回

e-Taxという制度があるぞ

確定申告って、インターネットで受付してくれるの?

2016年01月13日 09時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 このインターネットが普及した時代に、手軽に確定申告書を送信できないでしょうか。

A:「e-Tax」を利用して送信できるが、事前準備が必要

 確定申告には「e-Tax」という電子申告のシステムがあります。ただし、いきなり利用可能というわけではありません。まず、区役所や市役所で電子証明書(住民基本台帳カードや個人番号カードに格納されている)を発行してもらい、続いて電子申告等開始届出書を所轄の税務署に提出して、利用者識別番号を取得する必要があります。

 そして、e-Taxソフトのインストールやe-Taxに対応するICカードリーダーライターを用意し、電子証明書の登録などの初期登録を済ませてから、確定申告書を送信する……という仕組みになっています。

 ちなみに従来のe-Taxは住基カードが使われていましたが、2016年以降は住民基本台帳カードに搭載された電子証明書が、有効期間内であればe-Taxで利用できます。あらたに個人番号カードの交付を受けた場合は、個人番号カードが利用できます。ただし、個人番号カードの電子証明書をe-Taxに登録する必要があり、すでに住民基本台帳カードの電子証明書をe-Taxに登録している場合は、個人番号カードの電子証明書をe-Taxに再登録する必要があります。

 また、ICカードを読み込むためのICカードリーダーライターも必要になりますが、個人番号カードに対応するICカードリーダーライターは、国税庁のe-Taxサイトで確認できます。

 e-Taxによる申告は、2016年1月12日(火)から3月15日(火)まで、メンテナンス時間をのぞき24時間送信可能です。

 なお、やよいの白色申告 オンラインやよいの青色申告 オンラインを利用して作成した、確定申告書もe-Taxで送信することができます。

 その場合も、電子証明書の取得やICカードリーダーライターの用意、開始届出書の提出などの事前の準備は忘れずに!

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新