このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第139回

Xperia、Galaxy、AQUOS、比較的小型な夏スマホのカメラをチェック!

2015年08月31日 12時00分更新

文● 小林 誠 編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマホとデジイチで比較
Galaxy S6がリードか

 ここからは実写比較。デジタル一眼のキヤノン EOS 70Dを用意し、同じ被写体を撮影しデジイチに一番近いスマホを勝ちとする。スマホ、デジイチの設定は初期設定のオートのまま。ただしXperia A4はオートのままではフラッシュが有効になるので発光禁止にした。

Xperia A4

Galaxy S6

AQUOS EVER

EOS70D

 まずXperia A4が脱落。見た目はクッキリとキレイ。ただ色が鮮やか過ぎる印象。他の2機種も色が全体的に濃象。しかしGalaxy S6のほうがアヒル、カラースポンジ、造花がデジイチに近い。一方で背景のカーテンの色は若干緑っぽくくすんでいる。AQUOS EVERはアヒル、スポンジがXperia A4に近いクッキリとした色だ。

暗所撮影でもGalaxy S6が強い

 続いて暗所の実写比較。こちらは被写体の明るさを150ルクス前後に調整し、先ほどと同じくデジイチで撮影、3機種の画像を比べている。こちらでもフラッシュや撮影ライトは使用しない。

Xperia A4

Galaxy S6

AQUOS EVER

EOS70D

 暗所撮影の比較はかなり良い勝負に思える。背景のカーテンや敷いてあるホワイトボードはそれぞれ色が微妙に違い、アヒルとカラースポンジの差が決め手に。Xperia A4とAQUOS EVERはアヒルの人形がやや緑がかって見えた。Galaxy S6をここでも有利と判断した。

インカメラで実写比較
Galaxy S6がまたもリード

 さらにインカメラの実写比較も行った。この比較では同じ被写体を3機種で撮影し単純にどれがキレイか筆者の主観で決める。

 今回は被写体からアヒルを外し、馬とシーラカンスの人形を乱雑に積んでみた。AQUOS EVERはインカメラが下側にあるため、本体を上下逆にして撮影している(画面のUIも回転するためスムーズに使える)

Xperia A4

Galaxy S6

AQUOS EVER

 真正面から撮りやすかったのは一目瞭然でGalaxy S6。自撮りではなく、無理やりインカメラで人形を撮っているので3機種で差が出てしまった。そこで人形の色を重点的にチェック。

 それでもGalaxy S6はインカメラの画素数が高いこともあり、細部もあまり潰れていないためキレイに見える。しかしXperia A4も実物と比較すると負けていない。特にシーラカンスの人形のヒレが実物はやや緑がかっており近い印象。ただ全体的に明るすぎるのが惜しい感じ。

 AQUOS EVERは画像の解像度の問題もあって、3機種のなかでは荒れて見えてしまう。3連続となってしまうが、ここでもGalaxy S6がリードした印象だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン