このページの本文へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第59回

外も中もアレを意識している!? ZTE製「g03」は意外とアリなミドルクラスのSIMフリー機

2015年08月29日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

OSはAndroid 5.0(Lollipop)だが……?

 次はソフトウェアを見ていこう。OSはAndroid 5.0を搭載しているが、ホームアプリはアプリ一覧が存在しないなど、iOSっぽくなっている。ホームアプリを入れ替えてしまえばそれでいいのだが、多くのアプリやウィジェットを使用しないのであれば、デフォルトのままで問題はない。動作については快適で、ミドルクラスだからといって気になる部分はそうそうなさそうだ。

ホーム画面。とてもiOSライクなホームアプリを採用している

ステータスパネルはいつものAndroidだ

設定はとくにカスタマイズされていない

 独自機能としては、ジェスチャー&モーション機能がある。スマホを動かしたり、画面の上に手をかざして機能をコントロールできるというもの。電話をかけたり、着信音をミュートしたりできるほか、LED点灯やカメラの起動などもできるびだ。ハイスペック機では珍しくない昨日ではあるが、ミドルクラスでこの便利機能はウレシイ。また、これ以外にはレザーケースモードがある。

レザーケースモードは、専用ケースのためのものだ。

 ベンチマークは、AnTuTu Benchmark v5.7.1(32bit。Snapdragon 615は64bit対応だがアプリ側では64bit版インストールのアナウンスが表示されなかった)で計測した。スコアは32202。Snapdragon 810搭載機の多くが4万前後であるため、上々のスコアだといえる。

 発熱についてはgooロゴ周辺が熱を持つが、気になるほど熱くなるわけでもなく、カメラを長時間起動していても強制終了といったイベントもなく、安定性ついても問題はなさそうだ。

AnTuTu Benchmark v5.7.1(32bit)の結果。大半のアプリでまず問題のないスコアだ

GPUはAdreno 405。定格は550MHzだが、CPU-Zを見るに400MMHzで動作している

 さて、DACとして旭化成エレクトロニクス製AK4375Aを採用しているが、その挙動に関する設定はなく、スピーカーもしくはヘッドフォンジャック経由で音を聴く場合に動作しているようだ。ヘッドフォン端子を使用して音楽を聴いた限り、音の抜けがかなりよかったので、音楽をよく聴く人にもほどよいと思われる。このあたりは店頭で音楽を再生して確かめてほしい。


(次ページでは、「カメラはクセがなく使いやすい」)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン