このページの本文へ

ZTE、コスパ良しの「BLADE V7 Lite」「BLADE E01」を発表! 歌手のhitomiさんも好感触

2016年06月15日 19時15分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZTEジャパンは今日15日、今年のMWC(スペイン)で公開したSIMフリースマートフォン「ZTE BLADE V7 Lite」「ZTE BLADE E01」の発表会を都内で行なった。

 ZTEのCEO、ジャッキー・ジャン氏とZETジャパン代表取締役社長の李 明氏の挨拶で始まった発表会。ZTEというメーカー、そしてブランドについての説明を同社のマーケティングディレクターのハーバード・チャン氏が行ない、「スペインのセビージャFC(サッカーチーム)とオフィシャル・テクノロジー・パートナーシップを結び、それ以外にも世界各国でスポーツマーケティングに力を入れてブランドの認知向上に取り組んでいる」と現在のマーケティング活動を紹介した。

ZTE マーケティングディレクター ハーバード・チャン氏
サッカーやNBLから、モータースポーツまで、幅広くサポートしているZTE

 これらの活動の結果、スマホのシェアはアメリカで出荷台数4位、ドイツは6%、ロシアでは10%になったという。そして、日本も重要なマーケットであり、他国同様ZTEとしてのブランドを認知させていきたいと語った。

 ハーバード・チャン氏のプレゼンのあとは、プロダクトマーケティングディレクターの吉本 晃氏が登場し、今回発表したスマホ2機種の特徴について解説した。

ZTEジャパン プロダクトマーケティングディレクター 吉本 晃氏

 BLADE V7 LiteはBLADE V6の後継であり、コストパフォーマンスに優れた指紋認証付きのスマホで、指紋センサーを利用した新しいUIが特徴。スペックはミドルレンジクラスとしながらも、価格は2万1800円(税抜)と抑えめだ。BLADE E01はさらに安い1万4800円(税抜)。スペックはエントリー向けだが、インカメラが500万画素に美肌モードなど、現在スマホに求められる機能を備えている。

指紋センサーを利用したUI。指ごとにアプリを設定できたり、センサーをスライドさせることで、様々なアクションを可能にする
BLADE E01は低価格でスペックも高くはないが、カメラ機能が充実している

 また、特別ゲストとして、歌手のhitomiさんが登場し、一日クリエイティブディレクターに就任した。同社のスマホを使って撮影した写真を披露し「カメラが使いやすく、撮った写真をそのまま編集できるので使いやすい」とコメントした。hitomiさんは10月に3人目のお子さんが誕生するとのことで、現在は体力作りに励んでいるという。

一日クリエイティブディレクターとしての任命書と名刺が手渡された。hitomiさんは「今日限定なので名刺は配りまくります!」とコメント
hitomiさんが撮影した写真を紹介
間もなく父の日ということで、旦那さんへむけてのプレゼントも

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン