このページの本文へ

現在予約受付中! 発売日は3月25日!

ハイスペックなのに3万円!ZTEの「Blade V580」を写真で見る

2016年03月17日 17時35分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先日、ZTEジャパンが発表したSIMフリースマホ「ZTE Blade V580」。フルHD(1080×1920ドット)の5.5型ディスプレー、CPUにMediaTek製オクタコアのMT6753 1.3GHzを採用し、メモリーは2GB、内蔵ストレージは16GBというハイスペックでありながら、価格は2万7800円(税抜)と、かなりコストパフォーマンスに優れている。

 カラバリはシルバーとグレーの2色展開で、対応ネットワークは、LTEが1/3/8/19、3G(W-CDMA)が1/6/8/19のバンドに対応している。本体サイズは約77.2×155.3×8.6mm、重量は約165g。現在、予約受付中で発売日は3月25日。

 今日17日、ZTEジャパンは都内で記者向けの説明会を行ない、端末をお披露目した。じっくりと触る機会があったので、写真で紹介しよう。

左右はフレームレスではないものの、本体はあまり大きく感じない
上部にイヤホンジャック、下部にmicroUSB端子というお約束はそのままだが、microUSB端子が右寄りに配置されているのは珍しい
右側にはボリュームと電源のハードキー、左側にはSIMスロットがある。SIMトレイはmicroSDカードも一緒に入れるタイプ
フロントカメラは500万画素でF値2.4。広角88度と、大勢でセルフィーを撮りやすい
リアカメラは1300万画素でF値2.2。5枚のレンズを使用し、東芝製のセンサーを搭載している
この金額で指紋センサーを搭載しているのも驚きだ。さらにこの指紋センサーはセルフィー時のシャッターとしても活用できる
SIMフリー機だけあって、必要なアプリのみがインストールされているカラバリはこの2種類
「ZTE Blade V580」の主なスペック
ディスプレー 5.5型
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約77.2×155.3×8.6mm
重量 約165g
CPU MediaTek MT6753 1.3GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 2GB
内蔵ストレージ 16GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
対応ネットワーク LTE:1/3/8/19
W-CDMA:1/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 リア:13メガ/イン:5メガ
バッテリー容量 3000mAh
SIM形状 nanoSIM×2
カラバリ シルバー、グレー

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン