このページの本文へ

2万円強で買えるZTEのSIMフリースマホ「BLADE V7 Lite」を写真で見る

2016年06月17日 14時00分更新

文● スピーディー末岡/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZTEジャパンが15日に発表したLTE対応のSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」と「ZTE BLADE E01」。ともに価格が抑えめのミドル&エントリークラスモデルだ。発売は7月中旬を予定している。今回は BLADE V7 Liteを写真ともに紹介する。

 BLADE V7 Liteのスペックから紹介すると、5型ディスプレー(720×1280ドット)を搭載し、CPUにMediaTek製1GHz動作のクアッドコア(MT6735P)を採用、メモリーは2GB、内部ストレージ16GB、バッテリーは2500mAh、OSはAndroid 6.0。カメラはリアとフロントともに800万画素で、セルフィーに最適だ。

 サイズは約70.2×143.8×7.9mm、重さが約135g。本体はメタルボディーと2.5Dの曲面加工ガラスの組み合わせで安っぽさを感じさせない。さらにこの価格帯にしては珍しく指紋センサーを背面に搭載している。

 カラバリはシルバーとグレーの2色が用意されており、価格は2万1800円(税抜)。スペックを考えると非常にコストパフォーマンスが高い1台だ。

端末のデザインは安っぽくなく、背面のラウンドは手になじみやすい
上部にイヤホンジャック、下部にはmicroUSB端子という一般的な配置
ハードキーは右側に電源、左側にボリュームとわかれている
左右がフレームレスで、横幅いっぱいまで使ったディスプレーが特徴
この価格帯の端末にしては珍しくアルミ合金のボディー
指紋認証センサーを使った新しいUIも用意されているSIMスロットはピンで開けるタイプ
ガラスは微妙にラウンドしているそれぞれの指紋にアプリを対応させることも可能
専用ケースはまだ発表されていないが、装着したときの設定項目があるリアカメラとフロントカメラが同じ800万画素。自撮りがはかどる
様々なジェスチャーモーションも用意されている
  BLADE V7 Lite BLADE E01
メーカー ZTE
ディスプレー 5型液晶 5型液晶
画面解像度 720×1280ドット 720×1280ドット
サイズ 約70.2×143.8×7.9mm 約71×142.5×7.8mm
重量 約135g 約155g
CPU MediaTek MT6735P
1GHz(クアッドコア)
MediaTek MT6735P
1GHz(クアッドコア)
メモリー 2GB 1GB
ストレージ 16GB 8GB
外部ストレージ microSDHC(最大32GB)
対応ネットワーク LTE:1/3/5/8/19
W-CDMA:1/6/8/19
4バンドGSM
LTE:1/3/8/19
W-CDMA:1/6/8/19
4バンドGSM
無線LAN IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
OS Android 6.0 Android 5.1
カメラ画素数 リア:8メガ
/イン:8メガ
リア:8メガ
/イン:5メガ
バッテリー容量 2500mAh 2200mAh
SIM形状 nanoSIM×2 nanoSIM×2
カラバリ シルバー、グレー ホワイト、ブラック
価格(税抜) 2万1800円 1万4800円

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン