このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第344回

京都の老舗帆布鞄「喜一澤」ブランドの腕時計を衝動買い!

2015年08月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
帆布鞄の老舗メーカーが自社ブランドの腕時計を発売した
京都の帆布鞄の老舗メーカーが自社ブランドの腕時計を発売した

 大阪ミナミで生まれ、人生の半分以上を大阪で過ごした筆者は、学生の頃から神戸や京都は自分の家の庭のようなもので、結構すみからすみまで知っていると自負している。

 今でも年に何回かは関西に足を伸ばして、昔知ったる町並みと現在の変化を楽しんでいる。

 2014年秋、久しぶりに京都を訪れた時に、知恩院前の「●一澤※」で普段使いのカメラバッグとして帆布製トートバッグを衝動買いした(関連記事)。

※編注:「●一澤」の●は草書体の「喜」(冒頭写真参照)。以下「喜一澤」と表記

 喜一澤は、跡継ぎ問題を巡るお家騒動で全国的に有名になった帆布鞄の老舗である「一澤帆布」の流れを引き継ぐ、四男の喜久夫氏の経営する帆布鞄店だ。

記事掲載当初、一澤帆布は企業としてもブランドとしても存在しないとの記述がありましたが、実際には一澤帆布ブランドは一澤信三郎帆布において扱われております。また、商標の管理などの事業は一澤帆布工業株式会社により継続的に行なわれております。お詫びして訂正いたします(2015年8月19日)

 筆者は、その昔、セイコーのオールディーズな腕時計に一澤帆布製の腕時計バンドを組み合わせて使っていた記憶があるが、残念ながらいつの間にか失くしてしまった。

 それから何十年かたったこの夏、偶然、家族と一緒に買物とランチに出かけた北千住マルイ内の時計屋さんで喜一澤の腕時計を見つけ、嬉しさと懐かしさのあまり反射的に衝動買いをしてしまった。

喜一澤ブランドが監修した腕時計
コストの半分以上はバンドが占める!?

シンプルかつローコストのパッケージに収納された喜一澤腕時計 シンプルかつローコストのパッケージに収納された喜一澤腕時計。約7000円だ

 その昔、一澤帆布では腕時計バンドは発売していたが、腕時計そのモノを販売していたという記憶はない。

 海外の安い労働力をフル動員して価格破壊が進む腕時計市場は、今や下は100円からあり、1000~2000円も出せば、極めて立派な腕時計が入手できる時代。約7000円という売価の半分以上を帆布性の腕時計バンドが占める感じかもしれない。

腕時計本体、帆布の専用ケース、取説の3つが同梱物だ 腕時計を長く伸ばした状態で収納できる帆布製の専用ケースが付属する
腕時計本体、帆布の専用ケース、取説の3つが同梱物だ腕時計を長く伸ばした状態で収納できる帆布製の専用ケースが付属する

 筆者の購入した喜一澤腕時計には、耐久力が命の帆布製のバンドと専用収納ケース(袋)が付属する。もちろん、腕時計本体は喜一澤製ではなく、喜一澤ブランドによる監修他社製品だ。

腕時計本体の直径は38mm。ごく平均的なサイズで男女を問わず装着可能だ
腕時計本体の直径は38mm。ごく平均的なサイズで男女を問わず装着可能だ

 腕時計のサイズは一般的なスウォッチより少しだけ大きめの直径38mmサイズで、男女ともに違和感なしに気軽に装着できるサイズだ。文字盤とバンドカラーにより、いくつかのバリエーションが存在する。

次ページへ続く、「ファンにはうれしいかもしれないが……

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン