このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

価格は?LTEの対応バンドは?

本当にSIMフリーなの? 「Surface 3」10の疑問

2015年06月10日 09時00分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Windowsタブレット「Surface 3」

 いよいよ国内での販売開始が近づいてきた、日本マイクロソフトの10.8型タブレット「Surface 3」(4G LTE、SIMフリー)。製品スペックや、国内ではLTE SIMフリーモデルのみが一般販売されることが明らかになっているが、実際のところどういう製品なのか、まだよくわかっていないという人もいるはず。

 そんな人のために、この記事ではSurface 3に関する10の疑問に答えていこう。

Q1.そもそもSurface 3ってなに?
A.Surface Pro 3の廉価版となる10.8型タブレット

 Surface 3は、マイクロソフトが6月19日から販売を開始する10.8型のタブレットだ。昨年から販売されているSurface Pro 3の廉価版という位置づけで、スペックを抑え、より安価なモデルとなっている。

 5月19日に日本国内での販売が発表されたが、その際、一般ユーザー向けに販売するのがLTE SIMフリーモデルのみであること、ソフトバンクモバイル/ワイモバイルの独占販売であることが公表され、大きな話題を集めた。

主なスペック
製品名 Surface 3
CPU Atom x7-Z8700(1.6GHz)
メインメモリー 2/4GB
ディスプレー(最大解像度) 10.8型(1920×1280ドット)、アスペクト比3:2、マルチタッチ対応
グラフィックス機能 インテル HD Graphics (CPU内蔵)
ストレージ 64/128GB SSD
光学式ドライブ -
通信機能 無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)
インターフェース USB 3.0端子、Micro-USB端子、Mini DisplayPort、Bluetooth 4.0、ウェブカメラ(リア/フロント)
メディアスロット microSDメモリーカード
テレビ機能 -
本体サイズ/重量 幅267×奥行き187×高さ8.7mm/約622g
OS Windows 8.1 Update(64bit)
Windows 8.1 Pro Update(64bit)
オフィスソフト Office Premium プラス Office 365 サービス
主な付属品 -

Q2.Surface Pro 3とはどう違うの?
A.サイズも性能も違う、まったくの別物

Surface Pro 3Surface 3

 どちらもSurfaceシリーズに特徴的な3:2の画面アスペクト比を採用しており、筐体デザインもほぼ変わらないように見えるが、実際はSurface Pro 3が12型(解像度2160×1440ドット)、Surface 3が10.8型(1920×1280ドット)とサイズが一回り異なる。小型化により重量にもおよそ200gの差が出ている。

 スペック的にも、Surface Pro 3がCPUにCore i5-4300U(1.9GHz)、メモリーは8GBとPC並の性能を誇るのに対し、Surface 3はタブレット向けCPUのAtom x7-Z8700(1.6GHz)を採用するなど、タブレットの域を出ていない。サイズ的にも性能的にも、まったくの別物と言っていいだろう。

(次ページではLTE SIMフリーにまつわる疑問に回答!

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン