このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ヘッドフォン祭 2015 春 ― 第1回

歴代最高ハイレゾ機「AK380」をAstell&Kernが国内初公開

2015年05月17日 09時00分更新

文● きゅう

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Astell&Kernのハイレゾプレーヤー、またひとつ上のステージへ

 アユートは5月16日、中野サンプラザで5月16日から開催中のヘッドフォン祭 2015 春の会場で、Astell&Kern・AKシリーズの最新モデル「Astell&Kern AK380 256GB メテオリックチタン」を披露した。

AK380

 国内を含め、5月14日に全世界で発表された製品。“EVOLUTION OF A MASTERPIECE”の名の元に、ポータブル機の最高峰を狙う。価格や発売時期に関しては未定。ただし実売30万円台後半の「AK240 SS」(関連記事)を上回るのはほぼ確定となるため、発表会で使用されたプレゼン資料にも「おそらく高くなります。。」というコメントが書かれていた。

アユートの藤川氏。

 AK380では、これまでのAKシリーズが追求してきた「原音に忠実な再生をすること」に加えて、「プロフェッショナルな環境で望まれる機能の追加」がコンセプトとなっている。DAC ICはAK240のCS4398に対して、旭化成エレクトロニクス(AKM)の最新チップ「AK4490」に変更。さらに左右独立(デュアルモノ)で2基を使用している。これにより、AK240ではダウンサンプリングする必要があった、384kHz/32bitのデータをネイティブで扱えるようになった。

 これに超高精度のVCXO Clock(電圧制御水晶発振器)を組み合わせることで、フェムト秒クラス(0.2ps、1フェムトは1/1000兆)の高精度を実現。ジッターを極限まで低減できるとしている。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン