このページの本文へ

編集部員が気になるヘッドフォン/イヤフォンをクロスレビュー!第4回

4000円の2ドライバーイヤフォン! マクセル「MXH-DBA700」クロスレビュー

2015年05月04日 12時00分更新

文● ハシモト/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 今回紹介するのは、日立マクセルのカナル型イヤフォン「MXH-DBA700」。実売価格は4000円前後で、イヤフォン全体で見れば激安という部類の製品ではない。

 しかし、この製品はBA(バランスド・アーマチュア)型と直径8mmのダイナミック型のドライバーを内蔵しており、デュアルドライバー構成の製品としてはコストパフォーマンスが高いと言える。

ドライバーの内部配置 ドライバーの内部配置

 BA型は高音域用、ダイナミック型は中・低音域用で、BA型はダイナミック型より耳に近い場所に配置され、繊細な高音をダイレクトに伝えられるという。

 一方のダイナミック型ドライバーは、斜めに配置することで直進性の強い高音を抑えつつ、迫力のある中低音を再現できる。

 通常の磁石の約10倍の磁力を持つネオジウムマグネットを採用し、高音質化を実現するほか、ハウジングにはアルミニウム素材を採用し、不要な共振を低減する。

 再生周波数帯域は20~20000Hzなのでハイレゾ対応の定義からは外れるが、4000円のデュアルドライバーイヤフォンの実力は気になるので、今回ピックアップした。

編集部員によるクロスレビュー

評価1
評価2
評価3
■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン