このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ヒロオカ・ユースケの「IT斬鉄剣」 第18回

今宵、ヒロオカ・ユースケが試す

ガラホって実際どうなんだ? 「AQUOS K」を試す!

2015年03月27日 21時30分更新

文● ヒロオカ・ユースケ、題字● 能登有沙、
動画● 鈴木誠史、編集● ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

この感覚、体が覚えている!!

 さて、見た目は普通のガラケーと言ったところか。この懐かしくもあり、慣れ親しんだフォルム、実に良い!!

 折りたたみを開閉するこの感じ、久しぶりに乗ってもすんなり乗れる自転車と同様なのか、体が覚えている。

 うむ、開閉するだけで楽しいとは、これいかに。

 今回はレッドを試用したが、AQUOS Kにはブラック、ホワイトを加えた3つのカラーバリエーションが存在する。それぞれにコンセプトがあり、色だけではなく、ディンプル加工(表面の凹凸加工)の有無、テンキーのフォントにも違いがある! 

 細かく気が配られたデザインは、月並みの言葉だが、長く使っても飽きが来ないだろう。端末を長く使うユーザーには嬉しいポイントだ。

 この日フォン、OSにAndroid 4.4を搭載しスマホの機能が使えるとのことだが、以前にも同様の機種は存在した。一体、何が異なるのであろうか?

 むむっ!? いきなり異なるではないか! このUI、本物のガラケーと非常に近い!! Android 4.4をベースとしながら、限りなくガラケーに似たメニュー構成になっている。これであればガラケーからの乗り換えユーザーも取っ付き易いであろう!!

 そして画面を見て感じたことだが、流石は液晶パネルに力を入れているシャープと言ったところであろうか、非常に綺麗だ。画素密度328ppiの画面は鮮明で、文字がつぶれず、非常に読み易い!!

 ガラケーのような外観に高精細なディスプレーが搭載されているさまは新鮮だな、うむ!!

 カメラにも少し触れておきたい。1310万画素・F値2.2であることに加え、リアルタイムHDRにより逆光時のような難しい写真でも比較的簡単に撮れるように設計されている。試しに後ろに立てかけている屏風を撮影してみたが、実に良く質感が出た。

高精細なディスプレーと、心地よいレスポンス

 ブラウザーをチェックしてみよう。試しにASCII.jpのサイトを。入力していて気付いたのだが、

 ガラケー時代にあった、入力速度に反応が追いつかないということがないのだ!! うむ、一般的なケータイのプロセッサーに比べ、4.3倍の性能である1.2GHzクアッドコアCPUの恩恵は、このように、所々に表れてくるわけだな!!

 

 おっと、いかんいかん、本題から逸れてしまった。ブラウザーだったな。

 う〜む、ページの表示も非常に速く動作も問題ない。

サックサクではないか!!

 さて、表示しているのは勿論スマホ同様のサイトなわけだが、どのように操作するのか疑問に思った読者も多いのではないだろうか……? 

 タッチクルーザーEXというものを使うのだ!

 テンキー部分に静電式センサーを配置し、タップやスクロールなどの直感的な操作を可能にしたもの。つまり!! タッチパネルが無いにも関わらず、

 しかも、テンキー部分で操作するため、端末を持ち替える必要もない!! スマホ同様、ピンチインやアウト、タップでの選択も可能だ!

 操作の面での利便性は勿論、消費電力の多いタッチパネルをあえて使用しないことで、バッテリーもちさえもガラケーに近づけたという訳だな!! これは新しく、素晴らしい機構だ!!! 

 そしてガラケーユーザーの悩みの種であるらしいLINEもスマホ同様に使用できる。これでガラケーの使い勝手を手放さず、LINEをメインの連絡ツールに使っている者ともスムーズに連絡し合える。

 ガラケーユーザーにとっては非常に嬉しい点であると言えるのではないだろうか。

 うーむ、今回は実に面白い製品であった。

スマホとガラケーの良いとこどり!

 途中からスマホなのかガラケーなのか……自分でも何を触っているのか分からなくなっていたが、そこは両者の良いとこ取りであるという証拠でもあろう!! 

 Androidをベースとし、スマホの性能・機能を搭載しながらも、ガラケーの良い所をしっかりと反映している、まさにガラケーの正当進化と言えよう!! うむ、実に興味深い!!

 うぅ……また物欲を唆る物を斬ってしまった……。

 したらば、これにて御免!! 

廣岡優介(ひろおかゆうすけ)

7月14日生まれ 東京都出身

スタイルキューブの若手男性声優企画【Jugend Stil】(ユーゲントシュティール)メンバー。声優としてPS3「フェアリーフェンサーエフ」、PS4「オメガクインテット」への出演のほか、毎週金曜日21時〜配信中のUstream番組「Jugend Stil週間定例報告」に出演中。特技は各携帯キャリアの販売スタッフ経験を活かした“携帯アドバイス”。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ