このページの本文へ

ニコニコ超会議 2015第2回

技かけは禁止

覆面レスラーが人間Wi-Fiに! KDDIがニコニコ超会議で

2015年03月26日 19時45分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、特別協賛する「ニコニコ超会議2015」において、会期中に設置される「超プロレスリング」を全面的にサポートするほか、会場全体での電波対策を「超プロレスリング」仕様で実施する。

「超プロレスリング」のイメージ写真。こちらは「ニコニコ超会議2015」のメインステージとしても使用される

 超プロレスリングは、プロレス団体DDT(Dramatic Dream Team)のレスラーを始めとした、格闘家やアイドル、キャラクターなどの参加者による異種格闘技を開催されるもの。

DDTレスラー
ゆるキャラも参戦する

 auスマートパスの会員は、「超プロレスリング」の優先席、セコンド体験、会場のグッズを割引して購入することができる。

これらのスマホアクセサリーやストラップを割引して購入できる

覆面レスラーが人間Wi-Fi、だけど技かけ禁止
痛車風ラッピングの車載基地局も

 ニコニコ超会議2015会場では、DDTのレスラー達とコラボした、痛車風のラッピングをした車載基地局が9~11ホールに登場する。また、au覆面レスラーマスクを被った人間Wi-Fi隊が会場内の通信環境をサポートするという。

こちらの覆面レスラーマスクを被っているスタッフが人間Wi-Fiとなる。もちろん、技をかけるのは当然禁止だ

 さらに、昨年に引き続きスマホの充電を無料で行なえる「au出張充電ブース」をイベントホールに設置。こちらに関してはauを利用していないユーザーでも利用できる。電波がイベントでは撮影をしたり友人との連絡を取ったりでバッテリーを消費しがち。ここぞという時に利用してみてはいかが?

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ