このページの本文へ

イスラエルITいろはにほへと 第15回

サイバーセキュリティのエキスパート示唆する「サイバー空間」

2015年01月09日 10時00分更新

文● 加藤スティーブ(ISRATECH)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

情報セキュリティカンファレンス「CODE BLUE」が12月18日、19日と東京の御茶ノ水で開催。

 情報セキュリティカンファレンス「CODE BLUE」が12月18日、19日と東京の御茶ノ水で開催された。2014年2月に第1回の開催を経て、今回2回目の開催。参加者の8割は日本人であるが、イスラエル、ベルギー、スウェーデン、ポルトガル、米国、ロシア、韓国、香港、台湾など世界各国から参加者が集まった。

 CODE BLUEは、「世界トップクラスのサイバーセキュリティ専門家による研究成果を共有することで、最新のサイバーセキュリティ技術情報の交換と国際的交流、参加者への教育・学習・気付きの機会を提供する国際会議。企業向けに、国内・海外からの多様なサイバーセキュリティ専門家同士の交流を通して、共同研究・事業提携の促進、リクルーティングの機会提供、グローバルな視点を持った人材育成」を狙いとしている。

 記者会見で発起人の篠田加奈氏は、「第1回のスピーカーがヘッドハンティングされたり、大きな講演会に呼ばれるようになったりしている」と、一定の成果を報告した。

第2回CODE BLUE 1日目で「サイバーセキュリティの5つの問題」と題し、基調講演を行ったケレン・エラザリ氏。

 世界各国から登壇者が集まる中で、サイバーセキュリティ先進国のイスラエルからは、初日キーノートに、イスラエルのケレン・エラザリ氏が登壇。セキュリティを考えるうえで「サイバー空間」について示唆に富む下記5つの視点を挙げた。


  1. サイバー空間インターネットは同じではなく、サイバー空間の方が大きい。(多くの人は、同じだと考えている。)

  2. サイバー空間では、悪者は、創造的で、革新的で、協力しているという事実。(善者もそうならないと、太刀打ちできない。)

  3. サイバー空間では、世界をよくない方向へすることに多大なリソースが使われている。

  4. サイバー空間では、一番弱いところと同じくらい、私たちは弱い。(つまり、が単体で強いことは、何の意味もない。)

  5. サイバー空間では、ギャップがある。専門家の人と一般の人のギャップを埋められない、それを理解すること。

 著者自身が一番印象的だったことは、5のギャップである。

 東京オリンピックが開催される2020年には、500億ものデバイスがインターネット環境に接続する。ただ、多くの人が、ハッカーやなどの専門家と同じ知識を、一般の人は持つことはできないだろう。エラザリ氏が指摘した通り、こうした「専門家」と「一般の人」のギャップは日々広がるばかりであり、このギャップをどう埋めていくかが、今後鍵となりそうである。2020年まで5年しかない。今後、CODE BLUEのような会議が果たしていく役割は大きいだろう。

「物理セキュリティ:サイバーセキュリティがすべてではない」で登壇したチェックポイント社のインバー・ラズ氏

 午後には、チェックポイントのインバー・ラズ氏も「物理セキュリティ:サイバーセキュリティがすべてではない」のセッションで登場。OSが入っている機器で、USBポートが外部にあるデバイスがいかに危険なのかを、自身でATM、病院、空港のハッキングした手法を、ユーモアたっぷりで紹介した。もちろん、本稿では、セキュリティ上そうした手法はお伝えできない点は、ご容赦いただきたい。

筆者紹介──加藤スティーブ


著者近影

イスラエルの尖った技術に着目して、2006年にイスラエル初訪問。2009年にISRATECHを設立し、毎月40~60社のスタートアップが生まれるイスラエル企業の情報を日本へ発信し続ける。2012年にはイスラエル国内にも拠点を設立。イスラエルのイノベーションを日本へ取り込むための活動に着手する。ダイヤモンドオンラインにて「サムスンは既に10年前に進出! 発明大国イスラエルの頭脳を生かせ」を連載。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ