このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第75回

豪華二本立て(のつもり)。どっちの味も気になるぞ

何味なんだ!? 「ペプシピンクコーラ」と中国エナドリを飲む!

2014年12月13日 12時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ものすごくスッキリ
やたら飲みやすい中国エナドリ

 続いては、「HI-TIGER 乐虎」。中国メーカーが作っているエナジードリンクのようだ。いかんせんパッケージの表記が中国語なので、詳しい内容を知ろうとすると手も足も出なかった。とにかく、元気が出るんだということを強くうたっているのは何となくわかる。

 こうなってくると、どうしてもうさんくさい気がしてしまうが、味はびっくりするほどスッキリ。Red Bullから炭酸を抜いたような感じだが、さわやかなレモンの風味が利いており、とにかく飲みやすいの一言だ。

飲むのはASCII.jpのエナドリ番長・スピーディー末岡。「四川省で作っているからね。劉備もビックリって感じかもよ」。どうやら中国への知識は三国志経由のものしかないようだ

「あら、スッキリ……」と驚くスピーディー。キワモノを予想していたが、実に飲みやすいのである。逆に刺激を求める人にはちょっと物足りないかも

 中国およびその周辺には、あやしげな味のエナドリがありそうという勝手なイメージがわいてしまう。たとえば台湾には「大丈夫」なる謎のドリンクがあったりしたが、このHI-TIGERは超さわやか。エナドリ好きにかぎらず、見かけたら飲んでみてほしい一本だ。

 というわけで、今日のジャンク部はペプシピンクコーラとHI-TIGER 乐虎でした。ごちそうさまでした。

結局、ピンクコーラは何味と言えばいいんでしょうね

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ