このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第75回

豪華二本立て(のつもり)。どっちの味も気になるぞ

何味なんだ!? 「ペプシピンクコーラ」と中国エナドリを飲む!

2014年12月13日 12時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ペプシピンクコーラ」と、中国産の謎のエナジードリンク。まったくよくわからない取り合わせのアスキー・ジャンク部ワールドへようこそ

 いきなりだが、今回のアスキー・ジャンク部は豪華二本立て。サントリーからあらわれたピンク色のニクいやつ・「ペプシピンクコーラ」と、スピーディー末岡がフィリピン土産にもらったという謎の中国産エナジードリンク「HI-TIGER 乐虎」だ。

サントリー「ペプシピンクコーラ」。ときおり発売されては好事家たちを楽しませる、ペプシの謎路線シリーズ最新作(?)「HI-TIGER 乐虎」。黄色と黒と赤という、飲み手に警告を与えるような色使いである。ちなみに炭酸ではない

まずくはないが、本当に説明しにくい
ペプシピンクコーラのわかりにくい味

全国の「変なペプシファン」のみなさん、お待たせしました。待望の変なペプシが登場です。何といってもピンク色です

 ペプシピンクコーラは、その名の通りピンク色が目にあざやかなコーラ。とはいえ、過去に「ペプシブルー」「ペプシしそ」「ペプシあずき」などの強烈なフレーバーを出していたペプシの歩みを知る者からすれば、ピンク色とはいえそれほど大きな驚きはない。

 では、気になるのはやはり味。さっそく飲んでみた感想だが……なかなかどうして、言葉にするのが難しい。かき氷のシロップ的でもあり、風邪薬っぽい雰囲気もなくはない。人工的な味わいであり、駄菓子的ともいえる。要するに香料の味である。無果汁だし。強いていうなら「いちごミルク味」ということになるのだろうか。

ピンクということで、女性ウケするのでは……という安易な発想から、ASCII.jpのナカムラに飲ませてみた。彼女自身は変わった味のドリンク愛好家ではある「まずくはないんですけど……人工的な甘さで……まあ、何味とはとにかく言いにくいですね。かき氷シロップを少し薄めて炭酸を入れたものといえばいいのかな」

 ともかく、ここのところ鳴りをひそめていた変なペプシシリーズに待望のニューカマー登場ということで、変わったドリンクが好きな人は要チェックだろう。味もけっしてキワモノで、飲んだ瞬間顔をしかめるような類のものではない。ただ、何味と表現すればいいかはとても難しい。


(次ページでは、「中国産の謎エナドリは超スッキリ!?」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ