このページの本文へ

スマートフォンには「Windows 10 Mobile」が提供される

Windows 10、全7エディションが判明

2015年05月14日 15時40分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Windows 10」のエディション全7種類が判明

 米マイクロソフトは現地時間5月13日、今夏販売開始予定の次期OS「Windows 10」のエディション全7種類を正式に発表した。

 一般ユーザー向けに提供される「Windows 10 Home」には、パーソナルアシスタント「Cortana」、新しいウェブブラウザー「Microsoft Edge」、UIを切り替える「Continuum」、Xboxとの連携機能、虹彩や指紋認証ログインなど、これまで発表されてきた機能を搭載する。上位エディションとなる「Windows 10 Pro」は、セキュリティーやデバイス管理機能、ビジネス向けWindows Updateなど、ビジネス向けの機能を追加したエディションとなる。また、この2エディションはWindows 7/8の対応エディションからの1年間無償アップグレードに対応する。

 8型未満のディスプレーを採用したモバイル向けOSとしては、従来のWindows Phoneではなく「Windows 10 Mobile」が提供される。同エディションはWindows Phone 8.1からの1年間無償アップグレードを受け付けるようだ。

 ボリュームライセンス契約で販売するのは大企業向けの「Windows 10 Enterprise」「Windows 10 Mobile Enterprise」、教育機関向けの「Windows 10 Education」のほか、IoTなど組み込み向けの「Windows 10 IoT Core」の4エディション。

なお、正式な発売日や価格は公表されていない。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン