このページの本文へ

まずはOffice 365サブスクリプションユーザー向けに提供される

Office 2016 for Mac正式版が提供開始

2015年07月10日 13時15分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Office 2016 for Mac正式版が登場

 米マイクロソフトは現地時間7月9日、Mac向け新Officeの正式版「Office 2016 for Mac」を提供開始した。

 Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteが利用でき、現在は「Office 365」サブスクリプションを契約済みのユーザーがダウンロード可能。9月にはその他ユーザーにも提供される見込みだ。

 Wordでは、レイアウトをカスタマイズできる新しいデザインタブや共有文書へのコメント機能が追加され、Excelはデータに適したグラフのレコメンド機能、オートコンプリート(自動補完)機能、大量のデータをフィルタリングする「PivotTable Slicers」が利用可能となるなど、各スイートに最新機能が追加されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン