このページの本文へ

秋のヘッドフォン祭 2014 第4回

ヘッドフォン祭でいち早く試聴!

軽快な音&すっきりデザインが魅了のSHURE新作ヘッドフォン

2014年10月27日 16時20分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人気メーカーから期待のポータブルヘッドフォン登場!

やはり人気のSHURE

 10月25、26日に中野サンプラザで開催された「秋のヘッドフォン祭 2014」。SHUREブースでは先行して発表されていたポータブルヘッドフォン「SHR144」および「SHR145」の実機が展示され、人気を集めていた。

実売価格5480円前後。持ってみると非常に軽いので驚くが、バンドのアルミへアライン加工で上質感アリ

 両モデルはケーブルを除くとおよそ150gという軽量のポータブルヘッドフォン。ネオジウムマグネットを採用した36mm径のドライバーを採用し、SHR144がセミオープン型、SHR145がクローズド型。両モデルとも折り畳んでコンパクトに持ち運べる。アジャスターをヘッドバンドの内側に設けることですっきりとしたデザインに仕上げた。

アジャスターをバンドの内側に入れ、すっきりとした外観に仕上げた

軽さと心地良いサウンドが魅力!
散歩しながらラフに使ってみたい

 ブースで視聴させてもらったところ、音質的には量感があるというよりは、ビートが転がっていくような軽やかで耳なじみのいいサウンド。低域が少し強めに出るので、迫力も感じられる。特にセミオープン型のSHR144は小型軽量ながら広めの音場感が心地よい。ヘッドフォンとしては極めて軽く、長く装着し続けていても疲れなさそう。スマートフォンやDAPと組み合わせて、外出先でラフに使いたい一品だ。

セミオープン型の144は広めの音場感と軽やかなサウンドが魅力

 11月下旬の発売を予定しており、店頭での販売価格は5480円前後になる見込み。またiOS端末用のリモコンマイクを装備した「SRH145m+」も用意される。こちらは6480円前後での販売になる見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画