このページの本文へ

秋のヘッドフォン祭 2014第3回

メイプル材削り出しのハウジングに好みの塗装

お値段約18万円から! すご〜く贅沢な桐箱入りオーダーヘッドフォン

2014年10月27日 16時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ヘッドフォン祭 2014のメインビジュアルにも使われた。写真はプロトタイプで、製品番とは仕様が異なる。製品は写真の桐箱に収められて届けられる

なんだこの桐箱は!? ヘッドフォンだ!

 秋のヘッドフォン祭 2014でオーディオマニアたちの熱い視線を集めていたのが、KuraDaによる「TaylorMade Program」。イベントのメインビジュアルにも使われていたこのヘッドフォンは、オーナーによるカスタムオーダーメイドに対応した製品「KD-FP10」だ。

 昨年のヘッドフォン祭で概要が明かされ、注目されていたプロダクトだが、およそ1年越しで仕様が固まった。仕様はオープン型、53mm径ダイナミックドライバー、再生周波数帯域は5~45000Hz。ケーブルは両出しで、左右それぞれに3.5mmのモノラルジャックを搭載。リケーブルも可能だ。

Art Caseモデルの一例。クリアー塗装

どうせ買うなら自由度の高いCustom Made!?

 基本モデル(Standard)はハウジングにメイプル材を使用し、黒鏡面つや出しのピアノ塗装で仕上げたもの。Standard以外に漆仕上げやクリアー塗装を選択可能な「Art Case」、、錦織の総張りやオリジナル図柄などの装飾がほどこせ、ハウジングの木材の種類も選択可能な「Custom Made」を用意。

ハウジングはメイプルを削り出して作る

 「鞄にラフに放り込んでも傷つきません。傷つくときは、欠けるときです」と担当者が語る金属部分のハードコート処理などにも対応する。また未定ではあるが、純正の交換用ケーブルなども用意したいとのことだ。

処理が丁寧で、未塗装状態でも美しい木目を見せている

 基本モデルで18万円前後からの販売となり、Art CaseやCustom Madeは仕上げや塗装の種類に応じてカスタム料金が上乗せされる。参考までとなるが、たとえばグリーンの塗装と金属部分のハードコート処理をした場合、23万円前後になるとのこと。

 そもそも嗜好品的な要素の強いオーディオ機器の中でも徹底して嗜好色の強い製品だが、基本的な性能も高く、まさに「世界に一つだけの、自分だけのヘッドフォン」が作れることから魅力を感じる人は多そう。広報担当者は、「服でいえば、生地やボタンを1から選んで作るオーダースーツみたいなもの」と話す。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中