このページの本文へ

Xeon/Atom物理サーバー、オブジェクトストレージ、移行サポートなど強化

「NEC Cloud IaaS」専有物理サーバーなどメニュー強化

2014年10月28日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは10月27日、「NEC Cloud IaaS」のサービスラインアップ強化を発表した。専有物理サーバー(Xeonサーバー、Atomサーバー)やオブジェクトストレージなどのサービス追加のほか、システム移行/構築/運用支援も強化している。

 新たに追加された「物理サーバサービス」では、ユーザーが専有できる物理サーバー環境を提供する。CPU負荷の高い業務や基幹業務向けのXeonサーバーと、CPU負荷の低い業務やWebサーバーなどの並列処理向けのAtomサーバーという2種類が用意されている。標準価格(税抜、初期費用別)は、Xeonサーバーが月額9万2300円(最小構成1台)、Atomサーバーが月額55万5100円(最小構成10台)。

 また、大容量データを容量制限なく保存できる「オブジェクトストレージサービス」も追加され、既存のデータディスクサービスやファイルストレージサービスと組み合わせ、データ保存コストの最適化が実現するとしている。標準価格は月額8.6円から(GB単位)。

 クラウドへのシステム移行や構築、運用を支援するサービスも強化された。オンプレミス環境で作成した仮想サーバーイメージ(VMイメージ)を用いて、IaaS上に新たな仮想サーバーを構築するための作業環境を提供する「VMインポートサービス」のほか、事前検証済みシステム構成をテンプレートとして提供する機能、海外顧客向けの英語版セルフサービスポータルが追加された。

 さらに、同IaaSを提供する「NEC神奈川データセンター」と、NECのその他の主要データセンター間をつなぐネットワーク接続サービスも強化された。これにより、顧客が他のデータセンターでハウジングしているシステムやクラウドサービスとの連携を、個別の専用線接続よりも柔軟かつ安価に実現するとともに、他のデータセンターを利用した遠隔バックアップサービスも提供するとしている。

NEC Cloud IaaSのサービスラインアップ

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ