このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

深厚のWindows使いこなしテクニック第5回

Windows 8.1でウィンドウ枠の太さを変えたり透明にしたりする

2014年09月02日 12時00分更新

文● タトラエディット

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
色だけじゃない!  透明化したり太さを変えたりといった、ウィンドウの見栄えを変えるカスタマイズについて解説する

色だけじゃない!  透明化したり太さを変えたりといった、ウィンドウの見栄えを変えるカスタマイズについて解説する

 Windows 8および8.1では、従来のバージョンにくらべて見た目の変化が大きい。デスクトップ画面に表示されるウィンドウは、シンプルですっきりしたデザインながら、枠が太かったり、XPや7と比べて立体感を抑えたフラットなものとなっている。そのため、好みではないという方もいるのではないだろうか。

 ウィンドウの色やタイトルバーの大きさは、デスクトップを右クリックして表示されるメニューから「個人設定」を開くことである程度変更可能。

 だが、レジストリをいじったり、無料ソフトを入れることで大胆な変化を加えることが可能だ。今回は、そうしたウィンドウのカスタマイズ方法について解説したい。

 なお、レジストリの操作を行なう場合はシステムが起動しなくなる可能性もあるので、慎重かつ自己責任で実施してほしい。

カスタマイズの基本!
ウインドウの枠の色を変える

 まずは、もっとも手軽なカスタマイズ方法から。Windows 8.1をクリーンインストールしたPCでは、デスクトップ画面のウィンドウやタスクバーがオレンジ色に表示される。

 また、Windows 8.1がプリインストールされているPCでは、モデルによって、異なるカラーが設定されていることもある。

デスクトップ画面の空いているところで右クリックし「個人設定」を選択する

デスクトップ画面の空いているところで右クリックし「個人設定」を選択する

「個人設定」の下部分にある「色」をクリック

「個人設定」の下部分にある「色」をクリック

「色とデザイン」が表示されるので任意の色を選択する。選択すると「色の濃度」を調節できるバーが表示される

「色とデザイン」が表示されるので任意の色を選択する。選択すると「色の濃度」を調節できるバーが表示される

「色ミキサーを表示する」をクリックすると、「色合い」「彩度」「明るさ」を調節できるバーが表示されるので好みに合わせて調整する

「色ミキサーを表示する」をクリックすると、「色合い」「彩度」「明るさ」を調節できるバーが表示されるので好みに合わせて調整する

 この色は「個人設定」画面から変更できるようになっている。初期状態では、15色の中から変更することができるが、「色ミキサー」を使って細かくカスタマイズすることも可能だ。

(次ページに続く、「高解像度ディスプレーだからウィンドウ枠を太くしたい!」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン