このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

低価格かつ描写性能が優れたα用レンズ「50mm F1.4 SAL50F14」

2014年07月21日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax)、モデル:姫乃たま(@Himeeeno

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

F8になるとかなりシャープな写りになるので、建造物などを撮影するのであれば、オススメ。シャッター速度1/320、F8(サムネイル画像をクリックすると、6048×4032ドットの画像が表示されます)

最小焦点距離は35cmなので、お散歩用としても十分。パッと見つけた被写体も楽しく撮れるだろう。シャッター速度1/8000、F1.4(サムネイル画像をクリックすると、6048×4032ドットの画像が表示されます)

F1.4と明るいので街灯くらいの光源ならば安定して撮れる。α900を使用しているのでスローシャッターになっているが、α77/77ⅡなどであればISO1600あたりで手ぶれをする可能性を低く抑えられる。シャッター速度1/13、F1.4(サムネイル画像をクリックすると、6048×4032ドットの画像が表示されます)

テーブルフォトの場合、開放寄りだとミニチュアっぽくなりがちだが、35cmまで寄れるので単品やラーメン程度ならば問題なし。シャッター速度1/15、F2.5(サムネイル画像をクリックすると、6048×4032ドットの画像が表示されます)

そんなに被写体に接近しないことの多い街角スナップであれば、F4固定で遊んでみてもいい。シャッター速度1/400、F4(サムネイル画像をクリックすると、4032×6048ドットの画像が表示されます)

ポートレートでは特に性能を活かせるシーンが多い。魅力的に撮影しやすく、かつ軽いので撮る側の負荷も少なく、フットワークを維持でしやすいのだ。モデル:姫乃たま。シャッター速度1/250、F2.2(サムネイル画像をクリックすると、4032×6048ドットの画像が表示されます)

ソニーストア

ソニーストア

ソニーストア

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画