このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」第45回

Googleドライブに対応! 新しくなったPDFビューワー「GoodReader 4」を徹底解説

2014年06月26日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本連載の第1回で取り上げた「GoodReader」が別アプリとしてバージョンアップした。PDF編集機能が強化され、新規ファイルの作成も可能になった。プレビュー機能も改善されており、使い勝手も向上。今回は、定番PDFビューワー「GoodReader 4」の使い方を紹介しよう。

文句なしに最強のPDF閲覧・管理ビューワー「GoodReader 4」を使いこなそう

PDF管理・閲覧の神アプリがバージョンアップ

 iPhoneのキラーアプリの一つ「GoodReader」がバージョンアップした。PDFを管理・閲覧でき、最新バージョンではPDFの編集機能が強化されており、Googleドライブの同期にも対応した。現在最強のPDFビューワーと言っていいだろう。

 PDFファイルは仕事やプライベートを問わず、さまざまなシーンで利用されている。家電のマニュアルや請求書、スキャンした書類から契約書類まで。名刺を取り込んでPDFにしている人もいるだろう。プレゼン資料は基本PDFだし、オフィス文書も完成したらPDFに出力して扱うことが多い。iPhoneでもPDFを表示することは可能だ。

 とはいえ、iPhoneではファイルの管理ができないのがネック。そこで、「GoodReader」の出番だ。PDFを保存でき、いつでも閲覧できるようになる。検索・閲覧はもちろん、パスワード付きのPDFを開いたり、コメントを入れることも可能だ。「GoodReader 3」を利用している場合は、新バージョンへデータの引き継ぎができるので、以降の手間もかからない。

 別アプリ扱いなので、新しく購入する必要がある。登場したばかりの時は割引で300円だったが、現在は700円。その代わり、ユニバーサルアプリになっているので、iPadでも利用できる。

GoodReader 4 App
価格700円 作者Good.iWare Ltd.
バージョン4.1.0 ファイル容量38.8 MB
カテゴリー仕事効率化 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 6.0以降
従来バージョンを利用している場合は、「GoodReader 4」の設定画面を開き、「Migrate to GoodReader」をタップする「Start Migration」をタップする
「GoodReader 4」のデータは削除されることを確認するデータ移行が完了したクラウドサービスの設定なども移行されている。完全にデータや設定が移行されていることを確認したら、古いアプリは削除していい

次ページでは、PDFの新規作成や分割・追加も可能に

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン