このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

すべては外出先で美味しいエスプレッソを飲むために

24時間テストでわかる、山専ボトルの驚異の保温力

2014年05月15日 17時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
絵に描いた餅でしかなかった「夢のどこでもエスプレッソ」を実現するための実験スタート

 自転車で出かけて美味しくエスプレッソをいただく。

 そんな目的のためにサーモスの山専ボトル「FFX-500」を購入いたしました。かねてから愛用している携帯型エスプレッソマシーン「Handpresso(ハンドプレッソ)」は電源不要で、どこでもエスプレッソを淹れられるわけです。が、そのためのお湯をどう確保するかが問題なのでした。特に自転車で出かけようという場合は。

6時間経っても77度以上の保温効果がある山専ボトル(左)と世界最小のエスプレッソマシン(右)

 火を焚いて沸かすか、恥を忍んでよそ様からもらうか。いや、6時間保温効力77度以上をうたうサーモスの山専ボトルなら、エスプレッソ抽出に十分な温度をキープできるはず。じゃあ試してみよう、というのが前回までのあらすじ(関連記事)

 エスプレッソとして成立する飲み物を抽出できる、その温度の下限はどれくらいなのか。その温度を山専ボトルは何時間キープできるのか。それを知っておけば、家を出て何時までならエスプレッソが美味しくいただけるかの目安になるはず。

 そこで山専ボトルの保温性能、そして抽出されるエスプレッソの温度などを計りまくってみました。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン