このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

Handpressoと組み合わせて、外でも美味しいエスプレッソが飲める?

コーヒーのために6時間で77度保温の「山専ボトル」を買う

2014年05月14日 17時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

外でエスプレッソが飲みたいけど、お湯を確保できない

 以前、携帯型無電源エスプレッソマシン「Handpresso(ハンドプレッソ)」の購入使用記を書かせていただきました(関連記事)。エスプレッソの抽出に必要な9気圧はポンピングで得るので電気は不要、大きな音もしないし、カフェポッドを使うので後片付けも簡単。1人分のエスプレッソをその都度淹れるのなら、これで十分。むしろ全自動マシンより便利なくらいだと感じました。

世界最小を謳うモバイルエスプレッソマシンのHandpresso

 購入前には耐久性はどんなものかと思いましたが、1日2~3杯淹れる程度では、3ヵ月経った今も、まったく問題なく稼働しております。当初は若干ヌルいと感じた抽出液も、ハンドプレッソのウォータータンクやカップをお湯で予熱しておき、抽出までの作業を遅滞なく進めることで、美味しくいただけることがわかりました。

 もはやこれなしの生活は考えられないのであり、さまざまな種類のカフェポッドを試しながら楽しんでおります。

 しかし、このハンドプレッソ、私の使い方では、その性能を最大限に発揮しているとは言えません。せっかく携帯型なのだから持ち歩きたい。そして行った先々でエスプレッソを淹れまくりたい。

 そうした活用シーンは皆様それぞれイメージがあるでしょう。自転車に乗ってヘラヘラ出かけるのが最高の娯楽である私のような者は、これを持ってちょっと遠くへ出かけ、エスプレッソと甘いもので一休みして帰ってくるというのは、それだけでほぼ極楽浄土に近いイメージとなります。

 それ最高! 今すぐ行くぞ! とテンションは上がりまくっているわけですが、その前に立ちはだかる大問題が2つあります。

 そのひとつは、お湯をどう確保するか。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン