このページの本文へ

すべては外出先で美味しいエスプレッソを飲むために

24時間テストでわかる、山専ボトルの驚異の保温力

2014年05月15日 17時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

お湯の温度と抽出されたエスプレッソの関係

 次にお湯の温度を変えてエスプレッソを淹れてみました。手順としては、ハンドプレッソのウォータータンク、カップ共にお湯で1分ほど予熱しておき、ウオータータンクへの給湯、カフェポッドの装填、カップへの抽出開始を可能な限り素早く行い、約30秒かけて抽出ということに決めました。

 ただ、お湯をウォータータンクに入れた直後から、お湯の温度はあれよあれよという間に下がっていきます。可能な限り早くと言っても、たまにミスるわけです。すると温度も全然違ってしまう。ということで計測した温度は、全体の傾向を把握するための参考程度のものとしてご覧ください。

 いつも通り99.9度の沸騰水をハンドプレッソのウォータータンクに注入した結果、カップを満たした抽出液は69.0度でした。これをクイッといってみると、当然ながらいつものお味。うまーい。

こんな感じで計りましたその1。ウォータータンクにお湯を注入した段階でぐっと温度は下がって、93.6度に降下

こんな感じで計りましたその2。最終的に抽出されたエスプレッソの温度は69.0度

 以降、徐々にお湯を冷ましながら、同じように抽出していった結果が次の表になります。室温はおよそ26度でした。

注いだお湯の温度 ウォータータンクでの水温 エスプレッソの温度 イケてる度合い
99.9度 93.6度 69.0度
94.1度 88.5度 66.6度
90.2度 84.6度 65.8度
87.1度 79.9度 64.1度
84.1度 79.4度 63.1度
80.3度 75.5度 60.8度
75.9度 71.6度 59.0度
70.1度 66.9度 56.3度 ×
65.0度 61.6度 53.4度 ×

 「抽出に使うお湯の適温は90度」という説がありました、その90度がどの段階の話なのかはわかりませんが、タンクへ給湯する前の湯温が80度台なら、かなりイケてる感じです。抽出されたエスプレッソも60度台までなら、ヌルいとは感じませんでした。

 「そんなの当たり前だろう」と言われるかもしれませんが、この実験で驚いたのは、抽出するお湯の温度でコーヒーの味が微妙に違うことです。苦味や微妙に感じる甘さなど、豆の種類並みに気を使うべきかもしれません。これは計りまくって研究する必要がありそうで、またエスプレッソにハマる要素が増えました。

 そして、はっきりヌルいと感じるのは、エスプレッソの温度が60度を切ったあたりから。75.9度のお湯で抽出した59.0度のエスプレッソは、確かに若干ヌルいのですが、これはこれでアリかもな……という感じ。ただ、その温度をさらに下回ると、だんだん薄くなってゆくだけで、カフェポッドがもったいないように思えてきます(貧乏性)。

 ボトルのお湯が80度を切るまではイケる。これはあくまで私個人の感想ですが、これをひとまず試飲の結論とします。

 では山専ボトルは、何時間80度をキープしてくれるのか。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン