このページの本文へ

ウォークマンやMacでDSD再生を可能にするアップデート発表!

2014年03月19日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
DSD再生が可能となるウォークマン最上位モデル「NW-ZX1」
DSD再生が可能となるウォークマン最上位モデル「NW-ZX1」

 ソニーの最新ハイレゾ対応ウォークマン「NW-ZX1」および「F880」シリーズは、192kHz/24bitまでのFLACなどには対応していたが、DSD音源には非対応であった。

 しかし、4月下旬に実施されるソフトウェアアップデートにより、DSDの再生に対応することがアナウンスされた。

 対応するのは2.8MHzのDSD音源(DSF/DSDIFF)で、ネイティブ再生ではなくリニアPCM変換による再生となる。

ミドルクラスモデルにあたる「F880」シリーズもDSD再生に対応する ミドルクラスモデルにあたる「F880」シリーズもDSD再生に対応する

 なお、これに伴いWindows用音楽管理ソフト「Media Go」もアップデートが行なわれる。アップデートすることで、ウォークマンに対してDSDの転送が可能になるほか、Media Goにメディアサーバー機能が搭載される。

 Media Goに保存されているハイレゾ音源などのコンテンツを、ネットワーク経由でウォークマンや同社のネットワークスピーカーなどで再生できるようになる。

MacでDSD音源のネイティブ再生が可能に!

USB DAC内蔵アンプの「UDA-1」
USB DAC内蔵アンプの「UDA-1」

 ウォークマン以外にも、同社は複数のオーディオ機器のアップデートを予定している。

 USB DAC内蔵アンプの「UDA-1」はMacintoshに保存されたDSD音源のネイティブ再生に対応。Macに最新の再生ソフトウェアと専用ドライバーを導入することで、USB接続されたUDA-1でDSDのネイティブ再生を可能とする。対応OSはMac OS X(10.6~10.8、10.8は64bit環境のみ)で、アップデート時期は4月上旬となる。

 Bluetoothと無線LANに対応するワイヤレススピーカー「SRS-X9」は、上述のMedia Goに対応し、無線LAN経由でDSD音源の再生が可能になる。こちらもネイティブ再生ではなくPCM変換による再生だ。

HDD内蔵コンポーネント「HAP-Z1ES」 HDD内蔵コンポーネント「HAP-Z1ES」
HDD内蔵オーディオプレーヤー「HAP-S1」
HDD内蔵オーディオプレーヤー「HAP-S1」

 HDD内蔵コンポーネントの「HAP-Z1ES」と、HDD内蔵オーディオプレーヤー「HAP-S1」は、本体やスマートフォンアプリからHAP-Z1ES/HAP-S1内のフォルダーにアクセスできるようになり、曲の削除もできるようになる。

 また、HAP-Z1ES/HAP-S1本体、またはスマホアプリで直接Gracenoteから楽曲情報を取得できるようになる。曲単位で情報を取得できるため、一部の楽曲の曲情報が異なる場合に、取得し直すことができる。

 このほか両機種とも新たにradiko.jpに対応。ネット経由でラジオ放送を聞くことができる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン