このページの本文へ

2013年のAV機器業界はハイレゾ音源が熱かった!

2013年12月28日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スピーカーはコンパクト&ワイヤレスに人気が集中

2012年は「TW-S7」のようなワイヤードスピーカーが人気だったが……

2012年は「TW-S7」のようなワイヤードスピーカーが人気だったが……

 NANOCOMPOのオラソニックは、もともとはUSBバスパワーで使えるコンパクトな卵形スピーカー「TW-S7」(実売価格8780円)でデビューした。コンパクトながらも優れた音質を実現し、その音のよさとコストパフォーマンスのよさでPC用からテレビ用とさまざまな分野で人気となった。

 こうしたコンパクトなスピーカーは、もともとPC用の周辺機器と見られがちではあったが、スマートフォンや携帯音楽プレーヤー用のスピーカーとしても人気が出ていた。

 家の外ではヘッドホン、家の中ではコンパクトスピーカーと、スマホがあれば省スペースで楽しめるスタイルに人気が集まった。

 今年の大きなニュースは、そうした小型スピーカーの多くがBluetoothに対応し、ワイヤレス再生を可能にしたことだ。それまでは“ドック”と呼ばれるクレードルを使って有線接続するスタイルが多かったが、操作を行なうスマホは手元に置いたままで使えるワイヤレス再生が一気にブレイクした。

 Bluetoothは、iPhoneなどのiOS端末、スマホのAndoroid端末、PCも含めたデジタル機器が数多く対応する規格のため、Bluetooth対応であれば、専用ドックの有無やアダプターなどを必要とせず、どんな機器とも接続ができる点も好評だった。

 また、Bluetoothは規格上、音声の伝送は圧縮音声(標準はSBC、オプションとしてAAC、apt-Xでの伝送も可能)に変換して行なうため、音質にこだわる人からは圧縮による音質劣化を気にして敬遠されることも少なくなかった。

 しかし、人気の高まりに合わせて、Bluetooth伝送の音質もかなり向上し、圧縮音声を意識させないレベルでの音楽を楽しめるものも増えてきた。

横長のスリムな形状で2.1chスピーカーを内蔵した「SRS-BTX500」(実売価格2万5000円前後)。ソニー独自の「磁性流体スピーカー」を採用し、クリアで生き生きとした音を再現する

横長のスリムな形状で2.1chスピーカーを内蔵した「SRS-BTX500」(実売価格2万5000円前後)。ソニー独自の「磁性流体スピーカー」を採用し、クリアで生き生きとした音を再現する

手のひらサイズのコンパクトさながら、想像以上の低音感が楽しめる「SoundLink Mini Bluetooth speaker」(実売価格2万3000円前後)。クレードルで充電が可能

手のひらサイズのコンパクトさながら、想像以上の低音感が楽しめる「SoundLink Mini Bluetooth speaker」(実売価格2万3000円前後)。クレードルで充電が可能

 人気を博したモデルを挙げれば、ソニーの「SRS-BTX500」(関連記事)、ボーズの「SoundLink Mini Bluetooth speaker」(関連記事)。JBLの「CHARGE」などがある。

オラソニックの「TW-BT5」(実売価格1万円前後)は、スタンド部分にBluetoothユニットとバッテリーを内蔵したモバイルスピーカー。モノラル仕様だが、実は背面にスピーカー出力があり、将来的にはステレオ再生にも対応可能な設計になっている

オラソニックの「TW-BT5」(実売価格1万円前後)は、スタンド部分にBluetoothユニットとバッテリーを内蔵したモバイルスピーカー。モノラル仕様だが、実は背面にスピーカー出力があり、将来的にはステレオ再生にも対応可能な設計になっている

 コンパクトさや音のよさで話題を集めたモデルだ。そして、目新しいところでは、オラソニックからも卵形スピーカーのBluetooth対応モデルが登場している(関連記事)。カジュアルに使えるモノラル仕様のモデルだ。

 こうしたデスクトップで使えるコンパクトなワイヤレススピーカーの人気の向上は、ハイレゾ音源と並ぶオーディオ界の大きな話題だったと思う。

 この動きは手軽に使えるBluetoothだけでなく、Wi-Fiで家庭内ネットワークに接続できる機器も増えてきた。しかも、KEFやELACといったHiFiスピーカーメーカーがワイヤレススピーカーを投入。HiFiオーディオの世界にもワイヤレスの時代が来ているのだ。

96kHz/24bitに対応するUSB DACと左右独立バイアンプ構成のアンプを内蔵する「KEF X300A Wireless」。名前の通りWi-Fi接続でネットワーク経由でPCなどのサウンドデバイスとして使用可能。AirPlayでiPhoneなどのスピーカーとしても使用できる

96kHz/24bitに対応するUSB DACと左右独立バイアンプ構成のアンプを内蔵する「KEF X300A Wireless」。名前の通りWi-Fi接続でネットワーク経由でPCなどのサウンドデバイスとして使用可能。AirPlayでiPhoneなどのスピーカーとしても使用できる

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画