このページの本文へ

今度は小悪魔!? すーぱーそに子がブラックナースの姿に!

2013年11月23日 19時43分更新

文● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 月末を控えて、新商品の数がめっきり落ち込むなか、昨年3月にオーキッドシードから発売されて好評を博した「すーぱーそに子-ナースver.-」のカラーバリエーション「すーぱーそに子 -小悪魔ナースver.-」が登場していたので、その模様からお伝えしていこう。

下着も小悪魔カラーの黒で登場!

 1月からTVアニメ「そにアニ」でヒロインとして登場も決定している「すーぱーそに子」。昨年3月に発売され、瞬く間に売り切れとなったオーキッドシードの大人気フィギュア「すーぱーそに子 -ナースver.-」が、ナース服をブラックへと着替えた「すーぱーそに子 -小悪魔ナースver.-」として発売された。

 ナース服の色に加えて、むっちりとした太ももを包み込むストッキングも黒に変更されているほか、黒に栄える真っ赤なメガネが付属。ナース服を脱いだ下の下着も、清楚な白から“小悪魔”に相応しいシースルーの黒へと変更されている。全高は170mmの1/7スケール。価格はコトブキヤ秋葉原館で8700円、ソフマップアミューズメント館で7680円。

パッケージ表・裏
全身と表情のアップ

30周年を迎えても色褪せない魅力
クリィミーマミの「森沢優」が立体化

 今年で放送開始から30周年を迎えた日本の魔法少女の金字塔にして、ぴえろ魔法少女シリーズ第1作「魔法の天使クリィミーマミ」のヒロイン「森沢優」が、シーエムズコーポレーションより発売された。

 当時の面影をそのままに元気いっぱいの姿で立体化されており、付属の“ネガ&ポジ”の2匹は、作中の描写を忠実に再現してパーカーのフード部分に収めることができる。もちろん、クリィミーマミへと変身するの必要な魔法のステッキも付属だ。全高は170mmで、価格はコトブキヤ秋葉原館で6090円、ソフマップアミューズメント館で5080円。

パッケージ表・裏
全身と表情のアップ
ネガ&ポジと魔法のステッキ

鳴子ハナハル氏の描いた「西川千春」が立体化

 Comic快楽天の表紙絵として、また「翠星のガルガンティア」のキャラクター原案などでも知られる、イラストレーターの鳴子ハナハルさんが描いた「西川千春」が、オーキッドシードより、淫らに発売された。

 クラスメイトでメイドという設定の彼女が身につけているのは、あどけない顔立ちの彼女からは想像できないエロティシズムに淫らなボンテージ。ピッチリと魅力的なおしりに食い込むアンダーの編み上げを解こうとする彼女は恥じらいと戸惑いの間で揺れる心が顔に浮かんだような表情となっている。もちろん、上下ともにキャストオフが可能で、さらに交換用の表情パーツとして恍惚表情を浮かべたものも用意されている。全高は170mmの1/7スケール。価格はソフマップアミューズメント館で8680円。

パッケージ表・裏
全身と表情のアップ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ