このページの本文へ

Win8からは無償アップデート可能

10月18日、Windows 8.1パッケージ版が1万3800円で発売

2013年10月03日 17時13分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 8.1、10月18日発売

 日本マイクロソフトが10月3日、最新のOS「Windows 8.1」パッケージ版を10月18日に発売すると発表した。

 Windows 8.1は、Windows 8のアップデートとなる最新OS。Internet Explorer 11、SkyDriveの搭載、Windows ストアの操作性の向上などの改良が図られている。発売されるのは「Windows 8.1」「Windows 8.1 Pro」「Windows 8.1 Pro Pack」の3製品。

 一般ユーザーや家庭向けのWindows 8.1、あらゆるニーズに応える全ての機能を搭載したという最上位エディションWindows 8.1 Proのいずれかによって、Windows 7からのアップグレードや新規インストールができる。Windows 8.1 Pro Packは、Windows 8.1からWindows 8.1 Pro with Media Centerへのアップグレードが可能。Windows 8.1/Proには32ビット版と64ビット版DVD-ROMが同梱、Windows 8.1 Pro Packにはプロダクトキーのみが同梱される。

Windows 8.1 Pro。Windows 8.1のすべての機能に加え、ドメイン参加による会社のネットワークへの接続、リモートデスクトップ、データ暗号化機能BitLockerを使ったデータ保護などの機能を搭載

Windows 8.1 Pro Pack。Windows 8.1 Proの機能に加え、Windows Media Centerによるテレビ視聴などが可能

 価格はオープンで、実売価格はWindows 8.1が1万3800円、Windows 8.1 Proが2万5800円、Windows 8.1 Pro Packが1万2800円を想定している。

 なお、Windows 8ユーザーは、Windows ストアから無償でWindows 8.1にアップデート可能。また、Windows 8.1のパッケージ版発売に伴い、Windows 7パッケージ版の出荷は10月末に終了するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン