このページの本文へ

いずれも新機構・大幅な機能強化。国内発売を強く望む!

Yogaに新顔2機種。「ThinkPad」と3200×1800の「2 Pro」

2013年09月06日 18時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ThinkPad Yoga

 レノボはドイツ・ベルリンで開催中の家電見本市「IFA 2013」において、現地時間の9月5日、「ThinkPad Yoga」および「IdeaPad Yoga 2 Pro」を発表した。

 いずれも、キーボード部が360度回転し、「Notebook」「Tablet」「Stand」「Tent」の4形態で使用できる「Yoga」シリーズの新製品となる。

ついに出た! デジタイザー同梱の「ThinkPad Yoga」

キーボードロック機構を新搭載した「ThinkPad Yoga」

 ThinkPad Yogaはビジネス向けライン「ThinkPad」シリーズ初の「Yoga」。IdeaPad Yogaと同様のキーボード回転機構に加え、タブレットモードへ移行すると、底面(キーボード部)がフラットになる機構を新たに採用。キーボードに物理的なロックがかかり、キーの隙間のパネルが持ち上がる仕組みだ。

 ディスプレーは10点マルチタッチ対応のフルHD(1920×1080ドット)パネルを採用。デジタイザーペンを同梱する。寸法/重量は約幅316×奥行き221×18.8mm/約1.58kg。プリインストールOSはWindows 8.1となる。

 国内での発売予定および価格は、現時点で明かされていない。

デジタイザーを同梱する

解像度なんと3200×1800! 音声操作も対応の「IdeaPad Yoga 2 Pro」

「Yoga13」の後継「Yoga 2 Pro」

 IdeaPad Yoga 2 ProはIdeaPad Yoga13の後継機となる。ディスプレー解像度が従来の1366×768ドットから3200×1800ドットへと約5.5倍程度に向上。

 モーションコントロール機能を新搭載。手の動きを読み取り、写真やプレゼンテーション用資料、電子書籍などのページ送り/戻しが可能だという。

 音声コントロール機能も搭載された。簡単なワードの発音で、ウェブサイト検索やSNSの新着情報チェック、ソフトウェアの起動ができるとしている。

 寸法/重量は約幅330×奥行き220×高さ15.5mm/重量約1.39kg。国内での発売予定および価格は、ThinkPad Yogaと同じく不明。

カテゴリートップへ