このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

個性的な機構をより活かしやすく。エビぞるUltrabook極まる!

「IdeaPad Yoga 11S」は俺的に変形Ultrabook最高峰!

2013年06月29日 12時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 非常に凝った機構の360度ヒンジをそなえ、「Notebook」「Tablet」「Tent」「Stand」の4形態で使えるのがウリのIdeaPad Yoga。その11.6型版「IdeaPad Yoga 11S」が発売された。

 海外ではOSがWindows RT、CPUがARMの「IdeaPad Yoga 11」という製品が販売されているが、Yoga 11SはOSにWIndows 8、CPUに第3世代インテルCoreプロセッサーを採用している。まさに小型版「IdeaPad Yoga 13」なのだ。

Stand
NotebookTent
TabletTablet縦表示

 カラーはクレメンタインオレンジとシルバーグレーの2色展開。このクレメンタインオレンジは、ポップさと高級感の同居した非常に鮮やかで深い色味だ。内側のカラーはブラックなので、使用時はフチの部分からオレンジ色がわずかに覗いて、とても良いアクセントになっている。パームレスト部の質感も13型とは違う。11Sのパームレストはアルミヘアライン風で、革シボ風だった13型に比べて、よりシャープになった印象だ。

パームレスト部の仕上げがヘアライン風に。
トレードマークでもあるキートップの下部が湾曲したキーボード。キーピッチは約19mmと、十分な広さだ。

前へ 1 2 次へ