このページの本文へ

180度自由な角度で画面が回転、キーボードの収納ギミックも楽しい

柔軟に回転する2in1機「ThinkPad Yoga」も国内発表

2014年01月28日 13時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 レノボ・ジャパンは1月28日、「ThinkPad Yoga」を発表した。二軸ヒンジを採用し、ディスプレー部分を360度自由な角度に回転できる点が特徴。12.5型でタッチ対応のフルHDパネル(1920×1080ドット、IPS液晶パネル)を選択可能。フルHDの非光沢パネルを選択した場合、ペン操作にも対応する。

ThinkPad Yoga

コンバーチブル型のThinkPad Yogaもついに登場!

 液晶の稼動ギミックはもちろんだが、Lift'n'Lockと呼ばれるキーボードにも注目。これはスタンドモードやタブレットモードで使用する際に、キーボードのフレーム部分が自動的に上昇し、トラックポイントの先端やキーをロック。指が引っかかったり、誤動作してしまうのを防げるというもの。ゴム脚なども連動して出入りする。

 スペックはWindows 8.1 Pro(64bit版)、Core i7-4500U/Core i5-4200U/Core i3-4010U、500GB+16GBのSSHD、最大8GBメモリーといった構成。Lenovo OneLinkやmini-HDMI、SDカードスロットなども装備する。バッテリー駆動時間はCore i3モデルでHD液晶を選択した場合で12.3時間程度。

ThinkPad Yogaの参考スペック
製品名 ThinkPad Yoga
型番 20CD00BGJP 20CD00BNJP 20CD00BHJP 20CD00BJJP
直販価格 17万5350円 15万4350円 14万4900円 13万3350円
OS Windows® 8.1 Pro (64bit)
CPU Core i7-4500U(1.80GHz) Core i5-4200U(1.60GHz) Core i3-4010U(1.70GHz)
メモリー 8GB 4GB
ストレージ 500GB SSHD(+16GB SSD)
液晶 12.5型IPS液晶 (1920×1080ドット)
10点マルチタッチ、光沢あり
12.5型IPS液晶 (1920×1080ドット)
10点マルチタッチ、光沢なし
12.5型IPS液晶 (1366×768ドット)
10点マルチタッチ、光沢あり
I/O USB 3.0×2(うち1つはパワードタイプ)、Lenovo OneLink、mini-HDMI、SDカードスロットほか
無線通信 Centrino Wireless-N 7260 b/g/n、Bluetooth 4.0
有線LAN ──
内蔵カメラ HD 720p カメラ
ペン ── ──
サイズ(W×D×H) 約316.6×221×18.8mm 約316.6×221×19.4mm 約316.6×221×18.8mm
重量 約1.61kg 約1.65kg 約1.61kg
バッテリー駆動時間 約9.5時間 約10.5時間 約12.3時間

■関連サイト

カテゴリートップへ