このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

四本淑三の「ミュージック・ギークス!」 第127回

VOXの新エフェクター「ToneGarage」シリーズの開発チームに聞く

「本物の真空管の音が出る」小型エフェクターが完成したワケ

2013年08月31日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

左から商品企画室 商品企画課 西堀 佑(にしぼり ゆう)さん、開発2部 マネージャー 遠山 雅利(とおやま まさとし)さん、開発2部(回路設計担当) 李 剛浩(り まさひろ)さん、開発業務部 技師 (機構設計担当) 坂根 健治(さかね けんじ)さん、PR課 小田 崇史(おだ たかし)さん

 VOX(ヴォックス)と言えば、もちろんイギリスを代表するギターアンプメーカー。特にビートルズやクイーンのブライアン・メイが使っている「AC30」は、三段積みのマーシャルやフェンダーのツインリバーブと並んで、ロックサウンドの歴史を背負ったギターアンプの定番と言える。

 そのVOXが繰り出してきた新しいギター用エフェクターが「ToneGarage」シリーズ。シリーズの主役は真空管搭載の「歪み系」3機種。単3形乾電池6本で、200Vの高電圧で真空管を駆動する技術「Hi-Volt」を全面に押し出してきた。

 当然ながら小型エフェクターで真空管をそれらしく扱うのは難しく、今まではFETやオペアンプのような素子を使って、真空管のような歪を目指してきた。しかしToneGarageシリーズは「のようなもの」ではなく、最初から「本物の真空管の音」なのだ。

 このシリーズの回路や機構設計は、KORG本社のVOX開発チームが担当したという。真空管を高電圧で駆動すると聞けば、なんとなく景気のいい感じはするものの、どんなメリットがあるのだろう。まずそのあたりのお話から伺ってきた。

ToneGarageシリーズ全種。右から真空管搭載「Tube Stomp Effect」シリーズのブースター「FLAT 4」、オーバードライブの「STRAIGHT 6」、ハイゲイン・ディストーションの「V8」。そして真空管非搭載「Analog Stomp Effect」シリーズのオクターブファズ「Trike Fuzz」、アナログディレイの「Double Deca Delay」(今秋発売予定)。真空管搭載機の実売価格は14800円程度で、この種のエフェクターとしては若干高めの設定

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン