このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第52回

片手で使いやすいコンパクトスマホだが、スタミナは十分なのか?

2013年08月12日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 フラグシップ機と比較しても、なかなかの好成績を連発している2013年夏のコンパクトスマホ。最後はスマホ最大のデメリット「スタミナ」チェックだ。バッテリー容量などで、やや不利なコンパクトスマホでもスタミナは十分と言えるのか。これまで紹介できなかった独自機能も合わせて見てみよう。

ドコモ「AQUOS PHONE si SH-07E」

ドコモ「Optimus it L-05E」

ソフトバンク「DIGNO R 202K」

主なスペック・機能のおさらい

 比較しているのは、ここまでの3回と同様にドコモ「AQUOS PHONE si SH-07E」「Optimus it L-05E」、そしてソフトバンク「DIGNO R 202K」の3台だ。まずは主なスペックと機能をおさらいしておこう。

  NTTドコモ
「AQUOS PHONE si
SH-07E」
NTTドコモ
「Optimus it
L-05E」
ソフトバンク
「DIGNO R
202K」
メーカー シャープ LG Electronics Japan 京セラ
本体サイズ 約59×126×10.7mm 約63×131×10.5mm 約60×122×10.4mm
重量 約131g 約132g 約94g
画面サイズ 4.3型 4.5型 4.3型
画面解像度 720×1280ドット 720×1280ドット 720×1280ドット
OS Android 4.2.2 Android 4.2.2 Android 4.2.2
CPU クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.7GHz デュアルコア 1.5GHz
ROM/RAM 32GB/2GB 32GB/2GB 16GB/1.5GB
メモリーカード microSDXC(64GB) microSDXC(64GB) microSDHC(32GB)
下り最大通信速度 100Mbps
(Xi)
100Mbps
(Xi)
76Mbps
(SoftBank 4G)
無線LAN 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大10台) ○(最大8台) ○(最大8台)
カメラ画素数 1310万画素CMOS
(裏面照射型)
1320万画素CMOS
(裏面照射型)
810万画素CMOS
(裏面照射型)
インカメラ 120万画素CMOS
(裏面照射型)
140万画素CMOS
(裏面照射型)
32万画素CMOS
防水/防塵 ○/○ ○/× ○/○
ワンセグ連続視聴 8時間30分 4時間40分 5時間30分
FeliCa
赤外線通信
NFC ×
Bluetooth 4.0 4.0 4.0
HDMI × × ×
SIM形状 microSIM microSIM microSIM
バッテリー容量 2100mAh 2100mAh 1800mAh
Qi × ×
カラバリ Orange、White、Navy White、Black ターコイズグリーン、ピンク、ブラック、ホワイト

 ここまではスペック比較(関連記事)とカメラチェック(関連記事)でAQUOS PHONE siが2勝、スピードチェック(関連記事)ではOptimus itが1勝している。

 DIGNO Rはスピードチェックでは他の2機種を大きく上回るテスト結果もあったが、一方で2機種に差をつけられて惨敗という場合もあり、勝ち星に結びついていない。AQUOS PHONE si有利のなか、最後に逆転はあるのか。ワンセグの連続視聴から、詳しくスタミナをチェックしていこう。

 次ページ以降ではスタミナ面で比較を進める。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン