このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このとうふが量産の暁には、 連邦なぞあっという間に叩いてみせるわ

圧倒的じゃないか、このうまさは!ビグ・ザムとうふはジオンの栄光だ

2013年06月07日 15時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ジオン公国軍の悲願、ビグ・ザムの量産化が実現! ……豆腐で!

ザクとうふ、ズゴックとうふ……
甘いな、すべての戦力を叩き込まねばならんところまで来ておる

 宇宙世紀……もとい、2012年3月28日。相模屋食料から発売されたモビルスーツ、じゃなかった豆腐が「ザクとうふ」だ。発売後すぐに大きな反響を呼び、同年6月4日には、なんと出撃数が100万機を突破した。ガンダム人気、ひいてはジオン軍の国力を世にしらしめる形となったのである。

「ビグ・ザムとうふ」。「ザクとうふ」も一緒に並べてみた。圧倒的じゃないか、我が軍は

 第1弾のザクとうふ、第2弾「鍋用!! ズゴックとうふ」「ザクとうふデザート仕様」に続き、ジオン軍が……もとい、相模屋食料がおくる、第3弾の戦力。それが、今日7日から販売される「ビグ・ザムとうふ」だ。価格はオープンプライスで、市場想定価格は500円前後となっている。

 モチーフに採用された「ビグ・ザム」は、『機動戦士ガンダム』の1年戦争終盤に登場し、地球連邦軍に圧倒的な力を見せつけたモビルアーマー。ジオン軍と連邦軍が一大艦隊戦を繰り広げたソロモンにおいて、ビグ・ザムに乗り込んだ司令官ドズル・ザビ中将が放った、「ビグ・ザムが量産の暁には、連邦なぞあっという間に叩いてみせるわ」という格言はネットでも有名だ。しかしそのセリフとは裏腹に、この時点で既にジオン公国にはビグ・ザムを量産する余力は残っていなかった。今回は、まさにその無念が晴らされた形といえるだろう。

相模屋食料よ、このビグ・ザムがそこらのモビルアーマーやモビルスーツと違うところを見せてやれ

 胴体部がアボカド風味、脚部はプレーンと、2種類の味が楽しめるほか、「食べたいのは丼です、偉い人には分からんのでしょう」というジオン兵のために、ジオン公国紋章をあしらった「ご飯詰め詰めユニット」まで専用箱に梱包されている。そのビグ・ザムとうふをASCII.jp編集部も入手したので、忙しく働く皆を尻目においしくいただくことに。このアスキー・ジャンク部、たとえ修羅場でも任務はやり遂げてみせるとマ・クベ殿にはお伝えください。

ビグ・ザムとうふを職場で食べられるとあってご満悦のジャンク部・コジマ。笑うなよ、社員が見ている

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ