このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Apple Geeks 第115回

iPhone/iPad/Macでファイル共有なら「SkyDrive」(2)

2013年05月31日 11時00分更新

文● 海上忍(@u_shinobu

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

文書をコラボレーションする

 SkyDriveにできてiCloudにできない機能のひとつが、「文書のコラボレーション」だ。iCloudの場合、写真(フォトストリーミング)を除けばファイルを共有できないが、SkyDriveはMicrosoftアカウントを持つユーザー間でファイルを共有できる。

SkyDrive上の文書にアクセス許可を与えれば、他のMicrosoftアカウントを持つユーザーと文書をコラボレーションできる

 たとえば、Excel文書を共有すると、複数人で1枚のワークシートを編集するという「Google ドライブ」風な使い方が可能だ。iOS用SkyDriveアプリでは編集できないが、前述した「Office Web Apps」の機能を使うと、Microsoftのサービスであるだけに互換性という意味でも安心な文書コラボレーション環境ができあがる。

 ところで、Windows版Officeには「OneNote」というツールが付属している。OneNoteはアイデアを書き留めたり、文書や画像をレイアウトしたりと、スクラップブック的な活用法で知られている。このOneNoteを使うと、打ち合わせ資料の叩き台を共同作成するなどの場面で便利なのだが……iOS版(Microsoft OneNote for iPad)はあるものの、残念ながら現在のところOS X版は存在しない。この点については、今後のMicrosoftの対応に期待するしかなさそうだ。

共有すれば作業帳代わりに使える「OneNote」。iOSアプリはあるが、OS Xネイティブアプリは……

Microsoft OneNote for iPad App
価格無料(アプリ内課金) 作者Microsoft
バージョン1.3 ファイル容量5.0 MB
対応デバイスiPadシリーズ 対応OSiOS 4.3以降
SkyDrive
価格無料 作者Microsoft
バージョン14.3 ファイル容量10.7MB
対応デバイス64bit CPU搭載Mac 対応OSOS X 10.7(Lion)以降
SkyDrive App
価格無料 作者Microsoft
バージョン3.0.1 ファイル容量5.0 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 5.0以降
Numbers App
価格850円 作者Apple
バージョン1.7.2 ファイル容量244.1 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降
Pages App
価格850円 作者Apple
バージョン1.7.2 ファイル容量245.1 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降
Keynote App
価格850円 作者Apple
バージョン1.7.2 ファイル容量304.0 MB
対応デバイスiPhone 3GS以降、iPod touch(第3世代以降)、iPadシリーズ 対応OSiOS 5.1以降

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中