このページの本文へ

上場への布石か LINEが初めて業績を開示

2013年05月10日 07時00分更新

大木信景(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEは9日、機軸事業である無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」事業に関する業績を開示した。前期のほぼ倍となる躍進を見せている。
 
 これによると、2013年1-3月期のLINE事業の売上額は58.2億円(前四半期比約92%増)。現在、スタンプ191種とゲームアプリ24種を提供している同事業だが、売上の約5割をゲーム課金が、約3割をスタンプ課金が占めている。また、地域別売上では、日本が約80%を占めた。

 世界規模でみると、登録ユーザー数は、日本、タイ、台湾、スペイン、インドネシアを中心に増加しており、4月末時点で1億5000万人を突破。今後は、アジア地域、スペイン・南米地域でのマーケティングを強化するという。
 
 今年4月1日に、旧NHN JapanからLINE事業を分割する形で設立した同社だが、いずれ株式を上場するのではないかとの憶測が流れている。今回の業績開示もその準備といえるかもしれず、人気・話題企業だけにその動向に注目が集まる。

LINE業績
2013年1-3月期のLINE事業の業績(単位:億円)

アスキークラウド最新号特集

『Amazon』翌日配達を発想する「利益無視」経営

asciicloud

「Amazonは今や単なる「便利なオンライン書店」ではない。1995年に創業したベンチャー企業は小売業の枠を超え、物流サービス、クラウドサービスも提供する売上高5兆円以上の巨大企業ら成長。「価格破壊」を武器にオンラインからオフラインまで業界を問わず成長しつつある。アマゾンはなぜ急成長できたのか? 迎え撃つ日本企業の動向にも迫った。

最新号の詳細はこちらから

カテゴリートップへ

ピックアップ