このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」 第1回

走行データやルート案内のチェックはもちろん、友人とのやり取りも可能

スマホナビよりすごい 自転車に特化した「ポタナビ SGX-CN710」

2013年05月11日 11時00分更新

文● 法井 文仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」

第1回 スマホナビよりすごい 自転車に特化した「ポタナビ SGX-CN710」
第2回 寄り道推奨 散歩感覚で走れる「ポタナビ SGX-CN710」のナビ機能
第3回 仲間と走るチャリダーにもってこいな自転車ナビ「ポタナビ SGX-CN710」

ナビ機能搭載で方向音痴の心強い味方!

 前々からほしいと思っていた自転車を、この春、意を決して購入した。初心者の私にはおよそ不相応なエアロフォルムのレーシングバイクだが、こういうのは自己満足の世界だから、誰にどう思われようが気になんかしない。だが、浮かれて編集部のゴトーに自慢したのはわれながらうかつだった。

 何の事前告知もなく、ゴールデンウィーク直前に編集部から小包が届いた。中にはパイオニアのポタナビ SGX-CN710? なにやら嫌な予感。そこにゴトーから電話がかかってきた。「自転車始めるんでしょ? 方向音痴の法井さんのためにポタナビ送っておきましたよ!」。一方的にそれだけ言うと通話が切れた。

 ポタナビとは、いわゆるサイクルコンピューターと呼ばれる機器のひとつで、走行中の速度や距離を計測できたり、ナビ機能も備えているらしい。人に言われるのは癪に障るが、極度の方向音痴は紛れもない事実なので、確かに役立ちそうだ。しかし、これが彼の純粋な好意とは思えない……。

 すると、再びゴトーから電話が入る。「言い忘れましたが、原稿の締め切りはゴールデンウィーク明けで。じゃ、よろしくー!」。ああ、やっぱりか。せっかくの連休にまた仕事を押しつけられた……。

ポタナビ SGX-CN710の主な仕様
サイズ 幅59×奥行き19×高さ95mm
重量 約100g(本体部のみ)
バッテリー駆動時間 約10時間
インターフェース microUSB
データ通信方式 W-CDMA(NTTドコモ)
地図 全国版(スケール:50m/200m/1km/5km/20km)
*地図データは2011年度版を収録
*ポタナビ本体の地図データ更新はできません
カラーバリエーション ブラック/ホワイト
直販価格 3万9900円

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン