このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」 第2回

話題のスポットやお店はもちろん、最寄りの自転車店やトイレもガイド

寄り道推奨 散歩感覚で走れる「ポタナビ SGX-CN710」のナビ機能

2013年05月12日 11時00分更新

文● 法井 文仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」

第1回 スマホナビよりすごい 自転車向けに特化したナビ「ポタナビ SGX-CN710」
第2回 寄り道推奨 散歩感覚で走れる「ポタナビ SGX-CN710」のナビ機能
第3回 仲間と走るチャリダーにもってこいな自転車ナビ「ポタナビ SGX-CN710」

画面で情報を確認しながらポタリング

 いよいよ「ポタナビ SGX-CN710」を使っての試走を開始。Top Menu画面には「ポタリング」と「ライディング」の項目がある。今回は、本製品ならではの機能を試してみたいので「ポタリング」を選択。ちなみに、ライディングは走行距離や速度などを表示させながら、ポタナビをサイクルコンピューターとして利用するモードだ。

電源を入れてポタリングを選択。ポタナビの基本操作は、右側面の「▲」「▼」ボタンで項目を選び、前面の「ACTION」ボタンで決定

 ポタリングを選択すると「ポップアップナビモード」の画面が現れる。この画面には、現在地の天気、気温、風向や風速などが表示されるほか、速度、ケイデンスの数値も表示される。なお、ポタナビの電源がオンになっている間は、計測された走行データが3G回線を通じてサーバーへ常にアップロードされる。

ポップアップナビモードの画面。現在地エリアの天気や気温などを把握できるのは便利

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン