このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」 ― 第3回

メーターを自分専用にカスタマイズして走りを極める! 通信機能でグループライドにも最適

仲間と走るチャリダーにもってこいな自転車ナビ「ポタナビ SGX-CN710」

2013年05月13日 11時00分更新

文● 法井 文仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

徹底研究! サイクルコンピューター「ポタナビ SGX-CN710」

第1回 スマホナビよりすごい 自転車に特化した「ポタナビ SGX-CN710」
第2回 寄り道推奨 散歩感覚で走れる「ポタナビ SGX-CN710」のナビ機能
第3回 仲間と走るチャリダーにもってこいな自転車ナビ「ポタナビ SGX-CN710」

友人からのメッセージをポタナビで受けられる

 3G回線の通信機能を内蔵する「ポタナビ SGX-CN710」では、自転車で走行中に友人などからのメッセージも受け取れる。これは「サイクルラボ」と連動したメッセージ機能で、宛先登録を行なったユーザーとの間で140文字以内のテキストをやりとりできる。

 サイクルラボのマイページ上からはメッセージの送信と受信のどちらも行なえるが、本製品ではメッセージの受信しかできず、任意のメッセージを作成して送信する機能はない。送信者側がメッセージに「送信を求める」のオプション設定を付加した場合に限り、受信者側のポタナビで「Yes」「No」「Maybe」の選択肢から返信を送れる。

メッセージのやりとりを行うには、まずサイクルラボの「宛先管理」で相手をフレンズとして登録しておく必要がある自転車で走行中にメッセージが届くと、ポタナビにはこのように表示される。送信側が返信を求めているメッセージに対しては「Yes」「No」「Maybe」から選択して返信できる

 このような仕組みになっているのは、おそらくは自転車走行中の安全に配慮してのことだろう。ポタナビに対して目線が長く下に向く状況は、前方不注意になって危険だ。その点を考慮して、あえてメッセージの作成ができないようにしたのではないだろうか。事実、ポタナビでは速度が時速30kmを超える状態だとモード切り換えを含むあらゆる操作を受け付けなくなる。

 とはいえ、本製品からは新規メッセージが一切送信できないというのも、ちょっと不便。停車中に限定されてもよいから、せめて簡単な定型文を自分から送信できるようになれば、メッセージ機能の活用の幅が広がりそうだ。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン