このページの本文へ

iPhone 5の音楽を高音質で楽しむためのスピーカー&ヘッドフォン! 第3回

iPhone 5にベストなワイヤレススピーカー&イヤホンを選べ!

2013年04月17日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

英語でしゃべるコンパクトスピーカー
iui Design「BeCool」

ブラック&流線型でまさに“クール”な外観の「BeCool」

ブラック&流線型でまさに“クール”な外観の「BeCool」

 iui Designは、香港のBluetoothオーディオ機器の専門メーカー。最新モデルの「BeCool」(実売価格8800円前後、販売はフォースメディア)は、幅118mmというコンパクトサイズのモデルだ。

 内蔵バッテリーは連続約10時間の再生が可能で、ハンズフリー通話にも対応している。音声コーデックもAACとApt-xに対応している。

指を近づけると、赤色で音量調整のための表示が点灯。タッチ操作で使える

指を近づけると、赤色で音量調整のための表示が点灯。タッチ操作で使える

背面には、電源ボタンと充電用のUSB端子、ステレオミニ入力がある。コンパクトだが、拡張性は十分

背面には、電源ボタンと充電用のUSB端子、ステレオミニ入力がある。コンパクトだが、拡張性は十分

 ユニークなのは操作系で、電源を入れると英語でしゃべりだす。動作状態を音声で知らせるのだ。ペアリング接続の完了や電源オフ時の「グッバイ」などいろいろしゃべり、なかなか愛嬌がある。そして、音量調整などはタッチセンサーによる操作。クリア仕上げの指を触れると天面部分にボリューム調整の表示が浮かび上がり、タッチ操作が操作できる。なかなか先進的な使い勝手となっている。

ストレートで爽快な音が楽しめる

 初音ミクの「Tell Your World」を聴くと、音色はクセっぽさのないストレートなもので、中低域がしっかりとしておりBluetoothスピーカーの多くで感じる音のやせたさみしい感じがしないのがいい。コンパクトなサイズからして重低音は厳しいが、ベースやドラムのリズムなど、低音感はそれなりにある。

 「イーハトーブ交響曲」では、ホール感や音の響きの余韻まできちんと再現された。高域が穏やかで聴きやすいものになっており、高解像というサウンドではないが、音の表情はしっかりとしており、アコースティックな楽器の音色も自然だ。

 強いて言えば、大音量は苦手で最大音量でもリビングなどの広めの部屋なら普通の音量という感じ。サイズもコンパクトだし、パーソナルルームや手の届くような距離で使うモデルなのでこのあたりは使い方に合わせて選びたい。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中