このページの本文へ

ソニーからヘッドフォンアンプ登場! ウォークマンやiPhoneに対応

2012年08月27日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PHA-1」
「PHA-1」。本体サイズは幅67×奥行き26×高さ130mm、重量は約220g

 ソニーから、同社初となる本格的なポータブルヘッドフォンアンプ「PHA-1」が発表された。10月10日発売予定で、希望小売価格は4万9350円。

 iPhoneやiPod、iPadなどのデジタルオーディオ出力に対応するヘッドフォンアンプで、PCとの接続にも対応するほか、アナログ入力端子を備えておりウォークマンの接続も可能だ(WMポート変換ケーブルが付属)。

上部にはボリュームダイヤルとアナログ入力を装備。亜鉛ダイキャストバンパーでダイヤルや端子を保護している 底面にはデジタル入力端子と入力の切り替えスイッチを搭載
上部にはボリュームダイヤルとアナログ入力を装備。亜鉛ダイキャストバンパーでダイヤルや端子を保護している底面にはデジタル入力端子と入力の切り替えスイッチを搭載
付属のケーブル類。左がドックコネクター用で中央がウォークマン用、右はアナログ音声ケーブルだ。下はiPodなどと本機を固定するベルト 付属のケーブル類。左がドックコネクター用で中央がウォークマン用、右はアナログ音声ケーブルだ。下はiPodなどと本機を固定するベルト

 バッテリーも内蔵しており、アナログ接続で10時間、iPodなどとのデジタル接続で5時間の稼働ができる(iPodなどの充電は行なわない)。

 PC接続時には24bit/96kHzのハイレゾ音源にも対応。また、PC側のジッターから分離された新たなクロックを内部生成する非同期方式を採用しており、ジッターを低減した高音質な音の再生が可能だ。PCとはUSB接続だが別途ドライバーを導入する必要はなく、バスパワー駆動となるのでヘッドフォンアンプ側のバッテリーを気にせず利用できる。

 DACにはWolfson Microelectronics社製の「WM8740」を採用。また、オペアンプとしてTexas Instruments(TI)社製「LME49860」を、出力段には同じくTIの「TPA6120」を搭載する。

側面にゲイン切り替えスイッチを装備する 側面にゲイン切り替えスイッチを装備する

 ボディーにはアルミ素材を採用して外部ノイズを低減。側面にはゲイン切り替えスイッチを搭載しており、さまざまなヘッドフォンに対応できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン