このページの本文へ

iPhone 5の音楽を高音質で楽しむためのスピーカー&ヘッドフォン! 第3回

iPhone 5にベストなワイヤレススピーカー&イヤホンを選べ!

2013年04月17日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AirPlayで手軽にワイヤレス再生!
デノン「COCOON Portable」

丸みを帯びたデザインがかわいい「COCOON Portable DSD-300」

丸みを帯びたデザインがかわいい「COCOON Portable DSD-300」

 デノンの「COCOON Portable DSD-300」(実売価格2万9000円前後)はワイヤレスミュージックシステムではあるが、Wi-Fi接続とAirPlayに対応しており、Bluetooth機能には非対応。つまり、ほかの機種と異なりネットワーク接続が必要になるモデルだ。

 今回は独自規格ではあるが、Bluetoothに近いワイヤレス接続方式のAirPlayで試している。ちなみにAirPlayの詳細な情報は公開されていないが、伝送時はロスレス圧縮のAppleロスレスに変換して伝送されているようだ。

前面にはドックがあるが、Lighitning端子ではない

前面にはドックがあるが、Lighitning端子ではない

背面には指を入れて持ち上げられるくぼみも用意されている。ホールド感もなかなか良好で、手軽に持ち運べる

背面には指を入れて持ち上げられるくぼみも用意されている。ホールド感もなかなか良好で、手軽に持ち運べる

背面下方には、ACアダプター用の電源端子、ステレオミニ端子、Ethernet端子がある。ネットワーク設定はNETLINKやWPSに対応する

背面下方には、ACアダプター用の電源端子、ステレオミニ端子、Ethernet端子がある。ネットワーク設定はNETLINKやWPSに対応する

 デザインはCOCOON(繭)の愛称の通り、丸っこいラウンドフォルムとなっている。前面のディスプレー部には、iPhone用ドックも内蔵されているが、残念ながら端子は旧iPhone用のもの。サイズは大きめだが、ポータブルモデルなので約5時間再生可能なバッテリーも内蔵する。

HiFi調の質の高い音が楽しめる!

背面には付属のリモコンを収納するためのスペースも。芸が細かい。ちなみに右が付属リモコン

 その音はフラットバランス&ワイドレンジで、HiFiオーディオ的な色が強い忠実感の高いものだ。低音の量感と伸びのバランスもよく、なかなかに腰の据わった安定感のある再生ができる。

 「イーハトーブ交響曲」では、音量の大小の変化をダイナミックに再現し、クレッシェンドの盛り上がりやホールトーンの美しい響きまで堪能できる。スケール感も雄大で、力強く雄大なステージが楽しめる。音色の出音のデリケートさ、強弱のニュアンスの再現は絶品と言っていい。

 「サンケン・コンドズ」も、音の忠実感があり、ボーカルとコーラスの声の重なりもそれぞれの声の粒立ちがよく、クリアで情報量豊かな音が楽しめた。ワイヤレス主体の使い方ながら本格的なサウンドという点では、ソニーのSRS-BTX500の好ライバルと言える。

 ドック付きということで、Lightningに対応した後継モデルの登場にも期待したくなる。

高級感が漂う上品なスピーカー
フィリップス「Fidelio P9」

シルバーの筐体が美しい「Fidelio P9」

シルバーの筐体が美しい「Fidelio P9」。カバーをたたむことで自立している

 続いて紹介するフィリップスの「Fidelio P9」(実売価格2万9000円前後)は、幅287mmと比較的大きめのモデルで、四角い箱のようなシンプルなフォルムが特徴だ。

 アルミのパンチングのボディーにサイドウッドは木製、持ち運び用のケースを兼ねるレザーカバーが装着されているなど、見た目の質感、手触りの感触など、高級感のある作りとなっている。ナチュラルな雰囲気で上品な印象だ。

本体をぐるっと巻くような感じでボディーを保護するレザーカバー。音楽再生時はカバーを折り曲げることで、さまざまな角度に調整できるスタンドとして使える

本体をぐるっと巻くような感じでボディーを保護するレザーカバー。音楽再生時はカバーを折り曲げることで、さまざまな角度に調整できるスタンドとして使える

本体上面に操作ボタンが並ぶ。ボタンのサイズが大きくてわかりやすい

本体上面に操作ボタンが並ぶ。ボタンのサイズが大きくてわかりやすい

側面にはスマホ充電用のUSB端子のほか、ステレオミニ端子と電源端子がある

 機能的にはBluetoothのほか、ステレオミニ入力をそなえ、内蔵バッテリーは最大8時間。スマホへの充電機能も備えている。スピーカーは大きめのボディーに前面6個のユニット、背面に2個のパッシブラジエーターを装備し、音質面でも本格的な内容になっている。

穏やかで落ち着いたトーンで大人っぽい音を楽しめる

 「サンケン・コンドズ」を聴くと、声の感触が柔らかでニュアンスの豊かなサウンドが楽しめた。多数のユニットを備えるので低音もたっぷりな再生音と思いきや、中音域が充実した穏やかなサウンドだ。

 高域の感触もソフトで落ち着いたムードだが、ドラムのスネアやシンバルの鳴り方はソフトになりすぎず、爽快で生き生きとした再現になる。

 オーケストラの「イーハトーブ交響曲」も、楽器の音色がナチュラルでそれらしい。低音は量感豊かな再現で、絶対的なエネルギー感は足りないがオーケストラの雄大さもしっかりと感じさせてくれる。

 あまり情報量を欲張るタイプではなく、細かな音色の変化や微小な響きが曖昧になるところはあるが、まとまりがよく音楽全体の表情がよく伝わる。

 ビートの効いた元気な曲は上品になりすぎるかもしれないが、アコースティックな演奏やボーカル曲を中心に楽しむ人には魅力的な、大人っぽい音で、わりと若い人向けに元気なサウンドのものが多いBluetoothスピーカーとしては個性的。見た目の質感のよさもあり、年齢層高めの大人向けモデルだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中