このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

期末の値下がりを狙え! この春買いたいデジタル機器第2回

2万円台ミラーレスの実力は? お買い得デジカメはコレ!

2013年03月12日 12時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 春のお買い得特集第2弾はデジタルカメラ。沖縄県を除く全国の桜の開花時期は3月下旬からとのことで、最新のデジカメで満開の桜を激写するのも楽しいだろう。

 現在はニューモデル発表の季節で、デジカメもマイナーチェンジからフルモデルチェンジまで新製品が続々と出ている。新製品が出るということはその前までの旧モデルが安くなるということ。もしかしたらすごいお買い得品があるかもしれない、ということで探してみた。まずはミラーレス一眼からだ。

人気のミラーレスはパナソニック「GF5」
ボディーのみなら2万円台!

コンデジ並にコンパクトなボディーが魅力な「DMC-GF5」。このサイズでストロボ内蔵、背面タッチ液晶と十分に機能が揃っている
コンデジ並にコンパクトなボディーが魅力な「DMC-GF5」。このサイズでストロボ内蔵、背面タッチ液晶と十分に機能が揃っている

 人気のミラーレス一眼は昨年に多くの新製品が発表、発売された影響で年が開けたあたりから徐々に値段が落ち着き始めている。

 パナソニックのLUMIXシリーズは、エントリーからハイエンドまで数多くのラインナップが揃っているが、おすすめはエントリーモデルの「DMC-GF5」だ。ボディーのみの価格は2万円代中盤で、まだ現役機だけに大幅な値崩れはしていないが、発売から約1年弱たった今でも性能、機能的には一線級だ。

新しい標準ズームと望遠ズームのセット。当面はこのキットで購入しておけば困ることが少ない。2本セットで持ち歩いても結構コンパクトだ
新しい標準ズームと望遠ズームのセット。当面はこのキットで購入しておけば困ることが少ない。2本セットで持ち歩いても結構コンパクトだ

 しかも、今年の3月に新しいレンズキットが登場。新しい標準ズーム「LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II」と望遠ズームの「LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6」の2本が付属するダブルズームキットが5万円半ばで購入可能だ。

 3月に新キットが出たということは、まだ当分現役である可能性が高いと思われるので、買ったらすぐに型落ちしちゃったという心配は少ないだろう。

14-42mmで撮影した写真。コンパクトな標準ズームは普段使いに便利。軽いのでつけっぱなしでも気にならない
14-42mmで撮影した写真。コンパクトな標準ズームは普段使いに便利。軽いのでつけっぱなしでも気にならない

 なお、このダブルズームキットに付属する標準ズーム「LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II」は3月に発売になったばかりの新レンズで、今後の標準ズームキット用のレンズになる。一般的な光学3倍ズームだが、意外にコンパクトにまとまっていて軽く使いやすい。

45-150mmの望遠側は35mm判換算で300mm相当の超望遠になる。近接能力も高く、かなりアップにできる
45-150mmの望遠側は35mm判換算で300mm相当の超望遠になる。近接能力も高く、かなりアップにできる

 望遠ズームの「LUMIX G VARIO 45-150mm/F4.0-5.6」も望遠側が300mm相当まで伸びるレンズとしてはかなりコンパクトだ。軽くてかさばらないのでこの2本があれば当面、撮影で困るようなことはないだろう。

DMC-GF5の主なスペック
撮像素子 4/3型Live MOSセンサー、有効1210万画素
最大連写速度 約4コマ/秒
ISO感度 ISO 160~12800
動画撮影 1920×1080/60i(AVCHD)
1280×720/60p(AVCHD)
1920×1080のMP4記録対応
背面液晶 3.0型(約92万画素)、タッチパネル式
本体サイズ 幅107.7×奥行36.8×高さ66.6mm
重量(メモリー、バッテリー込み) 約267g

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン