このページの本文へ

最新スマホも続々登場! Mobile World Congress 2013レポ 第13回

6.1型やWP8、10.1型タブまで登場のファーウェイブース

2013年02月27日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グローバルなハイエンドモデル「Ascend P2」を発表したファーウェイだが、同社のブースにはこれまでに発表した端末も展示されており、実機に触ることができたので、ネッチリと堪能してきた。ここではそれらの端末を写真で紹介しよう。

6.1型の巨大スマホ「Ascend Mate」

今年1月のCESにて発表された、6.1型(720×1280ドット)のIPS液晶を搭載した「Ascend Mate」。サムスン電子の「GALAXY Note」シリーズや、LGエレクトロニクスの「Optimus Vu」などがライバルになる

両サイドは片側に電源、ボリュームキー、もう片側はmicroSDカードスロットという標準的な構成

上部にはmicroSIMスロットとイヤホンジャック、下部は充電も兼ねたmicroUSB端子

ちょっとオシャレなロック画面。この写真を下に下げるとロックが解除される

4050mAhの大容量バッテリーのおかげで、ホーム画面をカスタマイズしてバリバリ使っても安心できそう

もちろん、日本語にも対応! 最初に中国で発売され、その後グローバル市場に投入予定なので、日本にもいずれ……?

1.5GHz動作のクアッドコアCPUや、この大きさで198gという軽さと、先行している同ジャンルの端末にも負けていない魅力がある

バッテリー長持ちハイスペック「Ascend D2」

こちらも今年のCESで発表された端末。5型のフルHDディスプレー(443ppi)を搭載し、1.5GHz動作のクアッドコアCPU、3000mAhのバッテリーなど、ハイスペックなモデル「Ascend D2」

本体サイズは71×140×9.4mm、重さは非公開だが先日発表されたP2と同じくらい軽い印象だった。ドコモ春モデルの「Ascend D2 HW-03E」はこれがベース

上部にはイヤホンジャックだけでなく、スピーカーも。下部にはmicroUSB端子を備えている。なお、RAMは2GB、内蔵ストレージは32GBと申し分なしの容量だ

防水機能のデモンストレーションも行なわれていた。これだけ水没させてもしっかり動くのが確認できた

カメラは1300万画素に加え、暗いところにも強い。また、サウンド機能としてDolby 5.1を採用しており、高音質で各種コンテンツを楽しむことができる。

Windows Phone 8搭載搭載の「Ascend W1」

Ascendシリーズで初めてOSにWindows Phone 8を採用したのがこの「Ascend W1」。こちらもCESで発表済みのモデル。カラバリは4種類あり、重さ120gと軽いので幅広い層にウケそう

ディスプレーは4型(480×800ドット)でCPUは1.2GHz動作のデュアルコアと、ハイエンドではなくミドルレンジのモデルだが、Windows Phone 8の動作は十分快適。徐々に大型化に向かうスマホ市場で、4型サイズは異端ではあるが普通の人ならこのくらいのサイズが一番しっくりくるだろう

RAM512MB、内蔵ストレージ4GBと、スペック的には1世代前といったところ。しかし、軽量コンパクトで1950mAhのバッテリーを搭載しているので、普段使うぶんにはそれほど不満は出ないだろう。ハードコアなスマホユーザーにはセカンド機としてどうだろうか

リアカメラは500万画素、フロントカメラは30万画素。日本での発売は未定だが、まずは中国で発売され、その後グローバル市場に投入されるそうなので、日本での登場を期待したい


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン