このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第229回

新品なのに“イイ雰囲気”のなんちゃってアンティーク腕時計

2013年02月06日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

経年変化の雰囲気を金属加工技術で立派に再現

まったく似つかわしくない現代の腕時計のパッケージと共に配送されてくる

まったく似つかわしくない現代の腕時計のパッケージと共に配送されてくる

 たとえ中古やクラシックでもブランド物は高値で買う決心がつかないユーザーにとって、腕時計のRelic(レリック:残存種)とも言える「RELAX VINTAGE」はなかなか興味深い商品だ。

大昔のRELAX社は、パロディ系のROLEX腕時計のコピー会社だったが一皮むけた

大昔のRELAX社は、パロディ系のROLEX腕時計のコピー会社だったが一皮むけた

 どこかのブランド物のクラシカルな腕時計に似ている様で似ていない、しかしVINTAGEと呼べるAGED(エイジド:経年変化)の雰囲気は、現代の金属加工ハイテク技術でなかなか立派に再現している低価格のなんちゃってアンティーク腕時計だ。

クロノグラフ機能の腕時計は幾つか持っているが、筆者の日常ではまず使うシーンは見当たらない

クロノグラフ機能の腕時計は幾つか持っているが、筆者の日常ではまず使うシーンは見当たらない

 筆者の購入したRELAX VINTAGE腕時計は、第二次世界大戦以前にパイロットが愛用したクロノグラフ(ストップウォッチ)機能腕時計に2つのインダイヤルを縦配置した茶色の革ベルトのカレンダー付き腕時計。

 6時位置のインダイヤルは秒針、12時位置のインダイヤルはクロノグラフ機能の時に60分の積算計になり、日常は動作しない。

 文字盤の時刻のマーカー表示には「ブレゲ数字」(伝統の時計ブランドである仏ブレゲ社の創業者であるアブラアン・ルイ・ブレゲが考案)を、リューズにはクロノスイス社の腕時計の特徴でもある有名な「オニオン型リューズ」を採用。手袋をした指先でも操作を可能にしている。

 ほぼ無名のノンブランド商品ながら、歴史と世界のいいとこ取りをした腕時計だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン