このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第270回

スイス国有鉄道の公式腕時計を衝動買い!

2013年11月20日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
見た瞬間からほかの腕時計とはデザイン性の異なる風貌のMONDAINE Watch
見た瞬間からほかの腕時計とはデザイン性が異なることがわかる風貌のMONDAINE Watch

 腕時計マニアやコレクターの中には「鉄道時計」という、プロの鉄道関係者が仕事で使用する“道具としての腕時計”に強い興味を持つ人も多い。

 海外製品では、アメリカのボールウォッチが鉄道時計であることをブランドの特徴として強く打ち出している。国内ではセイコーの鉄道懐中時計やシチズンホーマー鉄道腕時計が長い歴史と実績もあり有名だ。

 鉄道時計は列車の正確な運行を確実に管理することを職業とした鉄道員が使用するため、腕時計の基本としての高い精度、そして昼夜天候を問わない高い視認性とデザイン性、時刻調整などの場合にも的確に対応できる操作性に保守性が高いレベルで求められる。

 スイスのモンディーン(MONDAINE)は歴史こそ新しいが、1986年からスイス国有鉄道(SBB)の公式鉄道時計を独占的に提供している企業だ。鉄道は、列車名と発着時刻で運行、管理されるため、すべての鉄道駅には時計はマストアイテムだ。

 スイスのチューリッヒ中央口には、乗降客のためにモンディーンの「ミーティングポイント・クロック」と呼ばれる大きな柱時計が常設され、待ち合わせスポットとして多くの人が長く恩恵を受けている。

 そんな頼りになる駅時計を腕時計にしてしまった製品が今回、筆者が衝動買いした限定モデルの「stop2go」だ。

赤と黒のデザインが特徴的な
モンディーン「stop2go」

11月から限定数量で出荷されはじめたモンディーンの「stop2go」腕時計
11月から限定数量で出荷されはじめたモンディーンの「stop2go」腕時計
ルーツはスイス国有鉄道の駅に備え付けの大型の公共時計だ 極めて視認性の高い文字盤上の時刻表示、太い長短針、赤い秒針が特徴
ルーツはスイス国有鉄道の駅に備え付けの大型の公共時計だ極めて視認性の高い文字盤上の時刻表示、太い長短針、赤い秒針が特徴

 モンディーンの腕時計の特徴は、赤と黒のカラーを大胆に配したデザイン性に支えられた視認性のよさだ。

裏ブタにもテーマカラーの赤を強調したデザインを採用。“オフィシャルスイス国有鉄道時計”とはっきりと記されている 赤いポイントマークのすぐ下には固有の製造番号が記されている
裏ブタにもテーマカラーの赤を強調したデザインを採用。“オフィシャルスイス国有鉄道時計”とはっきりと記されている赤いポイントマークのすぐ下には固有の製造番号が記されている

 文字盤上の時刻や分、秒のマーカーは黒く、かつくっきりとしたボールド(太字)で記され、長短の明確な同じくボールドの長針と短針、その上を極めて細かい刻みで小走りに動く針先の赤いドットの秒針が特徴だ。腕時計の裏ブタ中央にも大きな赤いポイントマークがあり、その周囲には固有の製造番号が記されている。

 stop2goは、クォーツムーブメントを搭載し、3気圧防水だ。腕時計のサイズは直径が41mmと平均的。無反射コーティングのサファイアガラス風防を採用し、強度と視認性を改善している。

厚手の本革製ストラップを採用。しかし腕時計本体込みで実測63gと軽量だ
厚手の本革製ストラップを採用。しかし腕時計本体込みで実測63gと軽量だ
厚手の本革ストラップの側面(コバ)はラッカー塗などの処置はなく無垢だ。これは歴史ある鉄道員の肩掛けカバンのショルダーストラップがルーツらしい ステンレス製の尾錠にもモンディーンのLOGOマークが刻印されている
厚手の本革ストラップの側面(コバ)はラッカー塗などの処置はなく無垢だ。これは歴史ある鉄道員の肩掛けカバンのショルダーストラップがルーツらしいステンレス製の尾錠にもモンディーンのLOGOマークが刻印されている

 重量は実測で63gとグランドセイコーのオートマチックGMTより15gも軽量だ。比較的しなやかなマット仕上げの本革ストラップを採用し、腕首への装着性も快適だ。


「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン