このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

業界人の《ことば》から第25回

オービックビジネスコンサルタント・和田成史社長の言葉から:

奉行シリーズでは、65%がWindows XP環境で動作している

2013年02月05日 09時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回のことば

「2013年、14年、15年は、PC業界にとって大切な3年間になる。大きく盛り上げていきたい」

(オービックビジネスコンサルタント・和田成史社長)

 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の会長を務める、オービックビジネスコンサルタント・和田成史社長は、同協会が開催した賀詞交歓会の会長挨拶で、2013年の干支である巳年になぞらえ、「蛇といえば脱皮。2013年は脱皮の年であり、今年はまさに転換期にある」と切り出した。

PCの登場、あるいはインターネット登場以来の変革の年

 その理由を2つの観点から説明する。

 ひとつは、安倍政権によるアベノミクスへの期待だ。

和田 「大胆な金融政策、民間投資を喚起する成長戦略、機動的な財務戦略という3つの矢は、景気回復に向けて折れることがない矢である。13兆円の補正予算を加えて、20兆円を超える大型予算は、リーマンショック以降、最大級となる。枠が大きくて実施できるのかどうかが心配なほどのボリュームである」

 そしてもうひとつは、IT業界特有の流れとして、クラウドの流れに加え、タブレットやスマートフォンによるマルチデバイスやコンシューマライゼーションへの流れといった新たな潮流が見えはじめた点だ。

 これを捉えて、「30年前のPC登場以来、あるいはインターネットの登場以来の大きな節目の年になる」とする。

 さらに、IT業界特有のもうひとつの動きが、2014年4月に訪れるWindows XPのサポート期間の終了である。

和田 「当社の奉行シリーズでは、65%がWindows XP環境で動作している。世の中全体でも50%以上がWindows XPである。今後、これらシステム全体が変わることになる。すでにそれに向けた準備体制に入っている」

 オービックビジネスコンサルタントの和田社長は、こうした要素を指摘しながら、「IT業界には、これだけいい条件が揃っている。アベノミクスと融合することで、IT業界はさらに活性化する。2013年、14年、15年は、PC業界にとって大切な3年間になるだろう。どういうやり方で、どこに目をつけて、どうやっていくかを考えることが必要である。大きく盛り上げていきたい」とする。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ