このページの本文へ

定額制と従量制を組み合わせた料金体系

100Gbpsを実現するOCNの企業向けインターネット接続

2013年01月24日 06時00分更新

文● 八木澤健人/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 1月23日、NTTコミュニケーションズは100Gbpsまで通信帯域が確保される企業向けインターネット接続サービス「スーパーOCN 100ギガビットイーサネットサービス」を開始した。

100ギガビットイーサネットサービスの利用イメージ

 同サービスはOCNのバックボーンに直結されており、最大100Gbpsの帯域を利用した通信が可能だ。同社の100Gbps通信の共同実証実験などの成果を商用化したもので、100Gbpsに対応したサービスはアジア圏のISPでは初めてだという。データセンター事業者などのほか、動画やオンラインゲーム、クラウドサービスなど通信量の変動が激しく、大容量のデータをやり取りするサービスに適しているという。

料金体系は10Gbpsまでは定額制で、10Gbpを超過した部分は従量料金となる。このため、従来の10Gbps回線を複数使用するよりも突発的な通信量の増大に柔軟に対応できるとしている。利用料金は提供エリア、回線種別、利用帯域によって異なる。

料金は条件により異なるため、確認が必要だ

提供エリアは東京、大阪、名古屋、横浜、札幌、仙台、京都、神戸、広島、福岡などの全国主要都市となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ